スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の売買 2017.4

早くも今年の1/4が終わってしまうという恐ろしい事態が発生しておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は例によってコツコツドカンの日々を送っておりますが、今年のコツコツドカンは一味違います。

短期でコツコツ損しながらドカンで元に戻すという、打率の低い長距離砲みたいなことになっているのです。

イメージ的にはかつて近鉄にいたブライアントですが、最近のヤングには伝わらないかも知れませんし、そもそもブライアントほどホームランを打ってないので違うような気もします。

打率がもう少し上がるとチームの勝利に貢献できるので、私の中のブライアントにボール球を追いかけるなと言っておきましたが、ボール球か分からないから振りにいってるんだろと返事があったので、安定するまでもう少し時間がかかりそうです。


ちなみにドカンと伸びた銘柄は、親戚に中長期的に良さげな銘柄はないかと聞かれてピックアップしたものから出てきました。これが当たるということは、どうも自分には短期モノは向いてないっぽいです。

で、長打銘柄は、このブログでも前に書いた6534DACと、ツイッタでちらと触れたレントラックスです。
推しの条件を超ざっくり言うと、売上が今後も手堅く増えていきそうな、お金の通り道セクターにいて、その中でちょっとした優位性があることです。この二社は成長分野のネット広告業界で、売上の伸び余地がまだありそうだったもので。

あと、業界は違いますが、ずーっと気になって監視していたキョウデンも決算が良かったのでGOし、ポテンヒットとなりました。

他に親戚に推した銘柄では、メンバーズが動かないので損切り、ラクーンは動かないけどまだ見捨てられなくて継続してみてます。
ラクーン、売上が乗ってくるのまだかなぁと眺めてますが、地合いが良いうちに結果が出るかはわかりまてん。
あと、最近ではユビテックの監視も始めましたが、これも売上が数字に出るの待ちなところがあります。

ということで、今年3ヶ月分のトレードは、短期売買を捨て、売上が手堅く乗っていくイメージのある銘柄をアホールドするのが正解でした。今後はもうこれの一本足打法で良くね?と思うのですが、ピンとくる乗り換え先が見つかっていないので、次の打席がなかなか回ってこない欠点があります。

そうこうしてるうちに、ネクストバッターサークルで待ちきれなくなったブライアントがぶんぶん素振りを始めました。
現場からは以上です。
 

2017年 あけましておめでとうございます

2017nenga_web01.jpg


1月も終盤になりまして今更ですが、あけましておめでとうございます。

去年2016年のパフォは約3%ちょいのプラスでフィニッシュでした。

トランプバブルに一瞬乗って、一時期は10%越えしてたのですが、
当時期待していた小型新興銘柄は
それほど腰の入った資金が来てなかったらしく、
ホールドしてたらあっという間に利益を握り潰す形になってしまいますた。

一方で早々に利確できた銘柄はその後も伸びるという
良くあるパターンが散見されました。

スイングのポジを取る時間が
自分に合ってない可能性もあるので
もう少し微調整をしていきたいところでございます。

ということで、今年は利益を握りつぶさず、
かつがっちりホールドして利益を伸ばすという
口で言うだけならとても簡単なことが目標です。


さて、今年期待してる相場テーマは

・仮想通貨
・AR
・ITセキュリティ
・副業
・eコマース

このへんから新興の小型を中心に触る予定です。

仮想通貨は、2017年春を目処に財務省・金融庁が仮想通貨の取引にかかる消費税を撤廃することを検討しているそうなので、実現すればモノやサービスのくくりから実際の貨幣として扱いが変わるため(※GMOインターネットの開示の受け売り)、そのタイミングで注目されるのではと思っております。

また、副業カテゴリーでは、アフィリエイト関連が動かないかな動けばよいなと眺めております。
多くの企業で副業が解禁された場合、とりあえずの副業としてブロガーやインスタグラマーをはじめる人は多いでしょうし、読者がつけばインフルエンサーを求める企業からも需要が発生します。
胡散臭い雰囲気がただよう世界ですが、それだけに手垢が付いてないと言え…る?

相場テーマ以外では、筋トレや運動ブームが来そうな気がします。
健康になれそうだし見た目も良くなるので、
個人的に取り組んでいきたいと思います。

そんなこんなで2017年もよろしくお願いもうしあげます。
 

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。