ザックジャパンは岡田ジャパンのように直前でシステム変更してW杯に臨むべきか

 スアレスとフォルランってば容赦なく点取るのねw

 先日のキリン杯でカウンター番長のウルグアイに2-4とボコボコにされたわけですが、立て続けに失点するさまを見てコンフェデ杯と東アジア杯がフラッシュバックされた方が多いのではないでしょーか。もう連続失点が癖になってるというかw

 ツイッターやとある地下スレッドでも書きましたが、目に付く問題点は

・センターバック吉田のポカ
・守備が効かなくなったボランチ
・ボランチが前へ行くので、DFラインが簡単に1対1の勝負に持ち込まれる
・前に人数をかけてるのに、相手ロングボールの出し手にプレスがかからない

 こうなると過去の成功体験から、「岡田ジャパンは4バックの前にアンカーとして阿部を入れるシステムで本番直前に中央の守備を立て直したじゃまいか、もう一度アレをやろう」という声が大きくなるのは仕方ないでしょう。ただし、岡田ジャパンは前線の人材不足から点が取れず、失点も減らなかったので、いっそ攻撃は捨てて守備重視でという切り替えがしやすかった事情があります。

 しかし今回は成長した香川や岡崎という優秀な攻撃的人材が揃い、連携が深まってきています。ここで4バックの前にアンカーを入れると433システムになり、ザックジャパンのストロングポイントである4231の2列目の香川・本田・岡崎+1トップの並びを崩すことになります。

 また、433にすると前回同様、キープできるFWが乏しいので、0トップとも言える本田の1トップを採用することになるでしょう。このシステムはスピードの無い本田を最前線に置くため、相手DF陣がコンパクトな高めのラインを敷きやすく、押し込まれまくる展開になりやすい。かといって、より走力を求められる3トップのサイドに本田を置いても、疲弊が早くなり良さが消えてしまいます。。。かつて香川トップ下、本田右サイドハーフを試した時にうまく機能しなかったことも思い出すと、本田は中央でボールキープしてこそ輝く選手なんでしょう。

 これらの点から、システム変更をしてまで、ウルグアイのような守備の強豪国からも点を取れる優秀な攻撃陣を崩すのは惜しいと考えます。今回の攻撃陣は、4年前の南アフリカで各国の識者から、日本はもっと縦へ向かう勇気をもてと助言された答えになるからです。

 さて、システムをいじらずに上記の守備の問題点を立て直すには…。

・ポカの多い吉田を控えにおき、CBを今野・栗原・森重・伊野波から選びなおす。
・前へ出るのは良いが、加齢による劣化からか戻ってこられなくなった遠藤をドイツで好調っぽい細貝に。
・細貝にはDFラインの前でフィルターとしての仕事を強く意識してもらう。
・本番では2列目の本田、香川、ワントップに入ったFWにもプレスを求める。

 これに長友が復帰したら、相手のFWの自由は失われるので、失点はかなり減るのではないでしょうか。これで南アフリカから1段進化した日本代表をブラジルで見せれると思うのですが夢見すぎですかね(・_・;

前代表の資産を上手に受け継ぎブレークスルーを果たしたザックJAPAN



 何度見ても胸が熱くなるな!(*゚∀゚)=3ハァハァ

 今までの日本代表は、控え主体や観光のおまけに来た強豪国チームにフルボッコされてきたのだが、コンディションが悪かったとは言えアルゼンチンに勝ってしまうとは。。しかも、今回のアルゼンチンはメッシ、テベスにイグアインなど、一流どころの選手が出場しているのだ。いつか来るとは思っていたが、こんなに早くその時が来るとは(´;ω;`) W杯16強はフロックではなく、もはや調整不足の状態で簡単に日本に勝てる時代は終わったのだ。

 さて、試合を思い返すと内容も大変良かった。走り負けない当たり負けない集中力切らさないで90分渡り合えているのだ。W杯で培ったブロックを作る守備をベースに、中盤のポジショニングは少し高めにしていたのだが、この中盤から前の選手のポジショニングが整理されていてプレスが効果的に効き、アルゼンチンの中盤を自由にさせなかったのだ。この効率的なプレスは、終盤まで走力が落ちず、疲れから来る集中力の欠如も防ぐという、合理的な結果をもたらしている。

 そして、高めの中盤は攻撃時に前に進出しやすく、サイドの選手が攻めあがったときに、こぼれてきたボールを次々と手中に収めて攻撃に厚みを増した。それは得点シーンの長谷部のポジションや、前半8分ころの岡崎のシュートの時、ペナルティエリアに4人入って内田のセンタリングを待ち構えていたことにもあらわれている。ザック監督によって、岡田JAPANのブロック守備に勇気をもって縦に向かう意識が植えつけられたのだ。これはW杯時に各国識者から指摘された課題だったのだが、早速手が入ったのを見ると、代表の受け渡しも上手くいったようだ。

 この試合が終わった今、名前負けしたり、どことなくおどおどして自信が無かった代表の時代は終焉を迎えたと言える。善戦しての引き分けではなく、「勝つ」という結果が日本サッカー界にもたらす自信は大きいのだ。代表の強化にショートカットは無く、地道に実力を伸ばしていくだけなのだが、それにしても、2010年の日本代表はブレークスルーを果たしたように思える。

4年前の記憶を鮮やかに上書き保存できた日本代表

「相手がどうこうより、自分たちのサッカーをしたい」。ここ数年、日本代表の試合前に、選手たちはインタビューでこう答えることが多かった。

 しかし、日本代表はW杯前の親善試合に4連敗し、上記の言葉のように相手国をリスペクトせず、力関係を無視すると結果が伴わないことを学んだ。そして、本番直前に、彼我の実力差を真摯に受け止めて現実的な守備路線を敷くことができた。

 結果は、グループリーグを2勝1敗で突破。多くの人にとって、嬉しい誤算となったはずだ。トーナメントではパラグアイに延長戦まで0-0でPK戦負けを喫したが、これによって、気持ちだけで結果が簡単にステップアップしないことを、選手やサッカー協会やメディアや国民や私が学べた気がする。少なくとも、一瞬ベスト4に行けるんでないかと妄想全開で踊った私が学べたのだから間違いない。今大会は、あちこちに良い経験を積めたということで。

 なお、こうした経験は無駄にはならない。例えば初戦のカメルーン戦の終盤、きっちり試合をクローズできたことは4年前のオーストラリア戦の大逆転負けからちゃんと学べた証ではないかと。そして、この結果から我らが代表は4年前の悪夢をようやく払拭できたのだ。今はもう、W杯の記憶はカメルーン戦の松井のクロスから本田のゴール、デンマーク戦の2本のFKによる得点と本田のクライフターン、そして届かなかったPK戦のちょっぴり苦い記憶で上書きされた。本番前のテストマッチはあくまでもテストマッチであることも。


 さて、わたくしの本番前採点基準が去年の12月にありまつ。

W杯組み合わせと目標ベスト4の着地点

今大会はグループリーグ突破でほぼ満点、1勝して突破ならずでまあまあ、2敗1分けの前回大会と同じじゃ(+д+)マズー、3戦全敗ならやっぱ帰化選手増やさなくちゃダメじゃね?の純血否定の世界という採点表を準備しとけばよろしいかと。がんばれ岡田JAPAN。


 今大会の結果は、私的にはほぼ満点のよーです。(*´∀`*) これからの4年は、もう一つ上を目指すには何が足りないかを考える期間と捉えましょう。日本代表は、ちゃんと考えれば出来る子のようだし。


 ところで、冒頭の「相手がどうこうより、自分たちのサッカーをしたい」という言葉は、「良いものを作れば、お客さんは買ってくれる」という、ものづくりメーカーの人が言いそうな言葉と良く似ている。どちらも、自分たちが良いと思ったものを突き詰めれば結果がついてくるはずだ、という思想が根底にある。しかし、それだけでは成果がでないようだ。

 日本代表は変化できた。次は、いま元気がない日本の企業がお客さんを注視して変化する番だと思う。がんばれ日本。

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天