スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタミ、業態転換等による売上獲得施策が奏功し黒字化へGO!


ワタミ、4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過 株探ニュース

ワタミ <7522> が8月14日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は5500万円の黒字(前年同期は5億6800万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の6億円の赤字をすでに上回った。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-2.4%→-0.5%に改善した。



全国2千人の(適当)、赤字企業が黒字に変わる瞬間が好きな女子高生投資家のみなさん、ワタミ株式会社が最終黒字を期待させる決算を発表いたしましたよー。


国内外食事業で「業態転換等による売上獲得施策と店舗オペレーションの改善等による収益性改善施策を実施し、黒字化に向けた改善が進んでおります」とセグメント業績に書いてあるとおり、外食事業の赤字が前期比で大幅に圧縮されたのが主な要因です。


また、2017年3月期に60億円の負債を返済したことにより、今後は支払利息が大幅に減少する、という記事も先月ありました。

これに2018年1Qの決算をあわせると、会社予想どおり最終黒字が見えてきたんじゃないでしょうか。

参考:なぜ「ワタミ」は、たった1年で53億円もの現金を失ったのか? 2017.07.18

2016年3月期には18億5千万円もあった支払利息が、2017年3月期には1億8千万円と10分の1以下になった


これだけ変わるのなら、業績に劇的なインパクトを与えるのもわかりますw


さて、「業態転換等による売上獲得施策」と決算に書いてありましたので、以前と比べてどれくらいブランド名が変わったのかを調べてみることにしました。

比較するのは2012年7月と最新2017年7月の展開拠点数情報です。なぜ2012年7月かというと、ブラック企業大賞2012で株式会社ワタミが市民賞を受賞した月(ry

なお、展開拠点数情報はワタミさんのサイトの「株主・投資家情報」→「IRライブラリー」→「近況」で確認できます。



2012年7月度の出店状況


では早速2012年の出店状況を見てみましょう。

2017y08m20d_083927462.jpg


グラフ外側の『和民ブランド』とは、一目でワタミ系列とわかる、『和民』、『坐・和民』、『わたみん家』の3ブランドの合計です。

このころは、『和民』、『坐・和民』が369店、『わたみん家』が218店と、和民ブランドを冠した業態が全体の93%を占め圧倒的です。


その他のブランド』の内訳は、

ゴハン・GOHAN』が10店、
炭旬』が11店、
T.G.I. Friday's』が12店、
和み亭』が5店、
饗の屋』が3店、
仰天酒場・旨い屋』が2店

となっております。
懐かしいお店があったりしたでしょうか?



2017年7月度の出店状況

次に、最新の2017年の出店状況を見てみましょう。

2017y08m20d_084034449.jpg

2012年と比べると157店も減り、全体で473店舗となりました。
壮絶なリストラがあった模様です。

そして、ワタミブランドを冠さない新業態が半数を超えてきました。

大量出店している『ミライザカ』、『鳥メロ』もワタミ系列です。
行ったことがないので、1度お店を見に行きたくなってきます。



やはり、イメージが変わるというのは大きいんでしょうね。

あとは、時折顔をのぞかせるブラックな体質が消えれば、名実ともに生まれ変わったと言えるのでないでしょうか。


一時は社会の敵のような扱いをされたワタミですが、V字回復がなるか、今後の推移を見守りたいと思います。

ワタミ株式会社 公式サイト

株探 ワタミ【7522】
 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。