スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期は雌伏してるはずのSFPホールディングスがまさかの1Q好決算発進

SFPホールディングス---1Qは鳥良、磯丸事業好調、通期で増収増益予想。自社株買いも発表

売上高が95.15億円、営業利益が10.68億円、経常利益が11.52億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が9.19億円となった。
また、同日に自社株買いも発表している。発行済株式総数に対して1.02%にあたる30万株を上限とし、7月14日から10月12日を取得期間としている。



SFPホールディングスの1Q決算が出ました。
今期は出店を控え目にして、店舗改装やタブレット導入にコストをかけ足腰の強化をするので派手な決算は出ないはずでしたが、フタをあけてみればサプライズの好決算でした。ちなみに出店計画は、前期40店舗、今期20店舗、来期40店舗となっております。

通期の業績予想は期初計画を据え置いているので、今後の新規出店のコスト増を見込んでいると思われます。

では四半期決算の補足資料を見てみましょう。
2017y07m17d_043614269.jpg
2017y07m17d_043631073.jpg


主力の磯丸水産は既存店の売上が微減ですが新規出店分でカバー。セカンドブランドの鳥良商店は順風で推移。
損益計算書の概要をみると、今期限りの特別利益として消費税免除益が入っているので皮算用に注意です。


2017y07m17d_044124499.jpg

この頁に今期の戦略が書かれています。
今後は15店舗出店予定なので、この出店費用を見込んで通期の業績予想を据え置いてると思われます。一等地への集中出店なので、費用はかさむのでしょう。

店舗の改装は順調にすすみ、6月に予定されている改装でほぼ終わりですね。
タブレット導入は客席と厨房の往復を減らせるばかりか、客単価の向上にも繋がってるので手ごたえを感じてそうな文言です。

ということで、SFPの決算はなかなかの材料となり、翌日の株価は1,610円で引け、前日比+141(+9.60%)の大幅上昇で評価されました。

ツイッターの反応












ホルダーの皆さまおめでとうございます。通期の予想は据え置きなので、買い遅れた人はむやみに突撃せず、落ち着いたところでの押し目を待ちましょう。しかし、今期はずっと買いやすい位置で推移すると思ったんだけどなー(笑
以上、SFPホールディングスの決算まとめでした。

株探リンク SFPホールディングス
SFPホールディングス URL
 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。