スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEIマーケットプレミア 五月さん回を聞いて

2017.3.30の五月さんがゲストのマーケットプレミアを聞いて、いくつか印象に残った言葉の感想を。

実際に株を買い始めるのは決算がトリガーになることが多い


超人と言えど、すべて前もって仕込めているわけじゃないのです。
我々にも決算を見てからのチャンスがあるのです。


割安、割高の判断基準について

五月:高いPERの会社って、何かしら理由があって、その時そういうバリエーションを許容しても良いっていう何かしらのストロングポイントがあるから、そうなってるわけですよね。で、その強さっていうのが、持続的に続くものであれば、他の同じようなことを行ってる会社との差ていうのは、時間が経過すればするほど広がっていくわけですよ

アナ:逆に大きくなってしまうんですか。

五月:そうなんですよ。だからシェアが広がっていってしまうわけですよね。そういうこと考えると、ある瞬間のPERがどうかっていうのは、ま、そこまで重要じゃないのかなっていう。グロース投資においてはですね



分析もしないで単純にPERで割高判定するの(・A・)イクナイ!!
高く評価される理由を調べにいきましょー。


判断ミスしたときは忘れるのではなく、きちんと悔しがる

アナ:振り返るって結構なさいますか?去年の相場について

五月:悔しいですからね。
結局、今日上がった下がったじゃなくて、ずーっと新高値に出続けるんですよ。
去年いいと思って判断して結局買わなかった奴が、これまたぁ…、いいと思ってたんだけどなぁとぶつぶつ言いながら毎日画面見てるんですけど。
きちんと悔しがって、いかになくしていくかということですよね



五月さんでもこういうことあるんですね。
わたしも今年の相場でリンク&モチベーションを薄利で手放して、その後ずーっと新高値に出続けるのを毎日見て悔しがってるので他人とは思えません(他人です


2017y04m04d.jpg


あああああああ。
なんで売ってから40%も上がるのおおおおおおお。

きちんと悔しがる、わりときついです。たすけて
 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。