「勝つ投資 負けない投資」は投資の考え方をつくる良書なので読んだほうがいい



メディアに露出することも多くなった億トレーダーの五月さんこと片山さんと、ファンドマネージャーの小松原さんの、個人投資家に向けた本「勝つ投資 負けない投資」を読んでみました。

ネットには読者による「初心者向け」「基本的なことしか書いてない」などの物足りなさそうな声と、「折にふれ何度も読み返すことになる本」などの噛めば噛むほど美味しいスルメのような好意的な声がありました。前者の方は凄腕トレーダーだけが気づいている、自分たちの知らない聖杯のありかが書いてあるか、チャート指標を組み合わせたトレード手法のような技術的なものを求めていたのかも知れません。

私も聖杯ほしいのですが、どうも存在しないっぽいんですよねあれ。ちなみに後半のファンドマネージャー小松原さんのパートには一部テクニック的な手法がかかれています。たしかにここは基本的な部分でしたが良かったですよ後で書きますが。

序文によると、この本は「投資家にとって最も誠実な本をつくりたい」という思いで書かれたそうです。しかし、どんなジャンルであれ、専門家が誠実であろうとすると、物事を簡潔に断定的に語ることはむずかしくなります。ひとつの答えをだすにも資料をあたり、ここまでは言い切れないな、という安全側にラインをひいた話をするからです。とくにマーケットでは、チャートがこの形になったら仕掛けるなどの手法は、状況によって通用しなかったりします。となると、小手先のテクニックな情報より、もう少し長くもつお話が誠実なのでしょう。

いまのネットは検索をすると簡単に質問の答えがみつかるため、情報はすぐに簡単に手に入るものと考える人にとっては、誠実側にたった話はまどろっこしく感じるかも知れません。

しかし、この本を読み終わると、漠然と株を買っていた人にも投資への考え方をつくりあげる手法や軸がひとつ自分のなかにできるでしょう。答えを導く式ができるのです。もうすこし具体的にいうと、片山さんが本書で声を大にする、業績の「変化」、そこからの想像といった部分です。なお、どんな要素に注目してストーリーを組み立てたかの細かいところはネタバレなので本書をみていただきますw

自分の頭で考えるやり方を育てると、市場の変化や新しいビジネスに出会ったときのストーリーを自分でつくれるわけなので、そのつどこの株明日は上がるの?下がるの?と答えを誰かに聞いてまわって、うざがられることは無くなるのではないでしょうかw そして、流れてくる日々のニュースに投資ヒントを見つけることができ、なにより学ぶことが楽しくなると思われます。1600円する本なので、けっして安いとは言いませんが、元をとれる人は多い本だと思います。

P.S. 前半の片山さんパートで充分満足したのですが、いちおう小松原さんパートも軽い気持ちで読んでみたら、基本的なことがプロの視点からわかりやすく書かれとても良いですね。このパートを読みこんで自分のものにできれば、なんでこの株を買ったのか顧客に説明することができそうですw 顧客は自分自身ですが、今まではいいかげんな説明を受けてきましたのでw




 

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天