スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッケローニ監督お疲れ様&W杯反省会

 いやー、失点覚悟で攻めに人数をかけたとはいえ、最後はコロンビアさんにこてんぱんにやられました/(^o^)\

 ともあれ、日本代表の選手・監督・スタッフ の皆様お疲れさまでした。

 ザッケローニ監督は今まで日本が手に入れたことが無いような欧州の実績を持ちながら、4年間も最先端の現場から離れて指導してくれました。これは日本サッカーに大きな財産になったと思います。初戦のアルゼンチン戦の勝利から始まり、この4年間は華々しい成績で、世界における日本サッカーの地位向上に繋がったと思います。

 思い返せば4年前の初日の練習は守備練習から入りました。代表に選ばれるような選手もこんな練習は始めて、という感想を残していましたが、イタリア人なら幼少時から叩き込まれているような基本的な守備が日本には無いのかも知れません。「日本には守備の文化が無い」とトルシエ監督も以前言ってましたが、長期的な視点で育成の段階から見直せる部分がありそうです。ザッケローニ監督がもし本国で監督の声がかからなかったら、日本サッカー協会がスタッフごと雇い入れて、若年層の指導者向けに全国キャラバンでもして欲しいところです。W杯の結果に責任を感じてる今なら安く買い叩けるはずだm9(・∀・)ビシッ!!

 さて、今大会の戦犯探し(個別のプレーから不発に終わった選手交代、コンディショニング準備や合宿・キャンプ地の設定等々)はあちこちのメディアや掲示板で噴出してるのでおまかせするとして、個人的にはコートジボワール戦でチェックするべき所で詰めに行かず、引いて待つ消極的な姿勢が疑問点として残りました。抜かれる恐怖が勝ったんだと思うんですが、ここまできて弱気の虫が発生するとは残念でした。サッカーは点を取り合うスポーツなので、失点することは珍しいことではありません。もったいないのは、失点に過剰な恐怖心を抱いて、プレーが小さくなる時間が続くことです。次はこのメンタルの強化もよろしくお願いします。

 なお、「自分たちのサッカー」が禁句になるんじゃないかレベルで批判されておりますが、ショートパスで繋ぐという得意の型が一つできたのは良かったのではないですかね。問題はこれ以外のプランを過信によって自分たちで放棄してしまった所にあるわけで。しかし、こういう試行錯誤は、協会、選手、メディア、ファンも含めて、W杯本戦でしか得られない経験なのでしょう。今後は監督がBプランの準備をしようとした時に、選手がAプランだけで勝負したいんだと言って縛りプレーをすることは無くなるでしょうし。

 ちなみにこれはコロンビア対ウルグアイの試合を見ながら書いているのですが、コロンビアのハメス・ロドリゲスはとんでもない選手ですねww 2ゴールもハイレベルですが、守備に詰めて来た相手の機先を制する空間認識の優れたパスや少ないタッチで繋ぐパスにセンスを感じます。まだ22歳。末恐ろしいw

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。