2014年5月の目線

♪れりご~ れりご~♪

 ヒット中の「アナと雪の女王」の知識が、主題歌のサビ部分しかない同士諸君ごきげんようです。

 ちょっと調べたら、アナと雪の女王の原題は「Frozen」というそうですが、日経平均も5月はセルインメイちゃんを極度に警戒して長いこと凍りついておりましたね。しかし今年は、去年のように激しいメイちゃんが来ないまま底打ちしたっぽいです。下を掘りに行く要因は多々ありましたが持ちこたえたので、戻り売りをこなしながらぐだぐだと上がるイメージでしばらくいこうと思っております。

 下堀り要因としては、四半期ごとのヘッジファンドへの解約申請日、不透明なウクライナ情勢、止まらない中国でのテロ、タイの政治混乱による内需の冷え込み、5/21の日銀黒田総裁の会見で明らかになった追加緩和への慎重姿勢などがありました。なお、黒田総裁は現状の日銀の政策に手ごたえを感じており、次は政治の番であると語っておりますね。

 黒田日銀総裁、第3の矢の推進求める [ウォール・ストリート・ジャーナル日本版-2014年5月24日]

日本銀行の黒田東彦総裁(69)は、長年日本の活力を奪ってきたデフレ根絶に向けた歴史的闘いで勝利できるとみている。しかし、黒田総裁のパートナーである安倍晋三首相が、経済を再生させる上でより大胆な改革に向けた政策を強化しなければ、物価は上昇し、成長は伸び悩むという、ややむなしい勝利に終わる可能性もあると警告した。


 そして21日の日銀会見の次の日に出てきた、政治が動いたっぽい材料がこれ。このニュースも後押しして、22日は日経平均が300円近く上がりました。

 かんぽ生命、日本株を3000─3500億円規模で買い増しへ=関係筋[東京 22日 ロイター]

 日銀黒田総裁が安倍政権に求めてるのはこういうのじゃなくて、成長戦略や政治改革を打ち出すスピードだと思うのですが…。安倍ちゃんは株価さえ維持できてれば問題ないだろという感じで、かんぽやGPIFといった準公的資金に株を買わせて、直接的に株価をコントロールしようとしてるのが気になる…。

 上に向かう材料がこれだけだと、あまり長持ちしなさそうなので、強気になりすぎて上ヒゲに足跡をつけないよう気をつけて買っていこうと思います。
ヽ( ・∀・)ノ
 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天