パラメータは攻撃に全振りのザックジャパンW杯メンバーが発表

 ザックジャパンのW杯ブラジル大会の出場選手が発表されました。

 そうです。テレビで若き日本代表が全力で走る姿と、それをだらしない格好で眺める男の姿が、女性の視界に同時に入るイベントが始まるわけです。
\(^o^)/

 大久保、斎藤ら選出 W杯メンバー一覧

 さて、今回のチームの設計思想は大きく攻撃に振り切ってます。前回の南ア大会のチームと真逆です。

 おそらくサッカー協会は、日本が引いた相手を攻めきるという、アジア予選の戦い方の延長線上でW杯を戦いたいのでしょう。攻撃型のアジア予選チームと、守備型のW杯本戦チームの2つを準備する無駄をなくしたいと。攻撃の選手が揃ってきたので、ザックにそういうオーダーをしたと思われます。黄金の中盤をそろえたジーコジャパンのリベンジも入ってるかも知れませんな…。

 相手のある勝負なので、どこかで自分たちのやり方を貫くだけでは足りない部分が出てくると思いますが、今回は自力の勝る相手にどこまで理想が通用するかを経験する場だと思いましょう。それを修正して、バランスを取るのは次の大会のミッションです。

 まぁちょっと、セットプレーの高さと中盤の守備フィルターに不安を感じる選手層だけど、これといって安心できる代わりの選手もいないので、幸運を祈りましょーw 1次リーグは相性のよいアフリカと欧州中堅国がいるので突破できそうですし。目標はベスト8で。
\(^o^)/


 さて蛇足ですが、幾つか落選組みの選手評を。チームが変わればチャンスもあるさ~

・細貝 守備のフィルターとしてとっても期待してましたが残念ながら今のチームに最後までフィットせず。
・剣豪 ボランチが出来れば可能性はあったが…。二列目ではペナルティエリアへ入り込む意識の差で負けた気がす。
・豊田、ハーフナー 放り込みはしないさせない持ち込ませずで落選。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天