2014年2月の目線

 年初は強いと思ってたけど、市場ぶっ壊れた\(^o^)/

 年頭に自分に言い聞かせた「信念のこもった銘柄があっても、トレンドが変わったら瞬時にヘッジを決断する一年にしたいと思います」という方針がいきなり試されてワロタw 現実は、信念がこもってない銘柄を抱えたうえに軽く逃げ損ねてワロタ…。

 とはいえ、遅ればせながらもぶん投げて、暴風雨の中コツコツ積み上げ年間+11%まで回復いたしました。回復できたのは市場の様子がおかしいと思ったとき(未練があって逃げ損ねたポジもありましたが)、かなりクローズできたことが主因です。

 暴落の時は優良割安株も割高株も一緒になって落ちるので、結局は暴落のダメージをいかに軽減するかのマネジメント勝負なんですよね。防御力が高ければ、精神的にも、新しいポジを作る余力的にも余裕が出来て、次の攻め手にすばやく取り掛かれるんだなと実感いたしました。

 今回の暴落は新興国危機と言われたのに日本株が突出して下げたように見えますが、

・安部ちゃんが経済政策よりイデオロギーの方に夢中になってること
・ダボス会議で深まった中国との戦争リスク
・日銀が一時的に緩和の様子見をきめたこと
・消費税UP後の景気懸念
・アジア株に投資してきたヘッジファンドのJohoキャピタルが閉鎖して顧客に資金を返す(デフォルトではなく、家族と過ごす時間を作りたいので解散するみたいなニュースを見た気がしますが、英語力が微妙なので原因はよくわかりませんw(;^ω^)

 などが一度に襲い掛かってきたわけで、まあ仕方ないのかなとw

 さて、しょっぱい数字でしたが雇用統計も通過し、目先の重要指標は出尽くしました。ニューヨーク市場はプラス推移で帰ってきました。これでようやく嵐もひと段落したと思われます。

 今後の日経は高値を取りにいけるか?と聞かれると、そう簡単じゃないのでは…と私も含め、多くの個人投資家が考えてると思うので、意外に戻すかも知れませんw ちょっと読みづらいのですが、パニックが終わったので日経の値動きは緩やかになり、投資できる環境に戻っていくという想定で臨む予定です。

 暴落後は、決算が良いのに一緒に売られた銘柄のリバウンドが美味しいので、目先そこへ資金を集中です。折りしも決算シーズンが始まったので、開示情報をせっせと突っついて選別を進めましょう。気落ちしてる暇はありまてんよ\(^o^)/
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天