ザックジャパンの守備の軽いボランチ問題が解消されたかも知れない

欧州遠征 国際親善試合 2013年11月16日(ベルギー/ゲンク)
日本代表2-2オランダ代表


 新しい風が吹いてきたじゃないですかザックジャパン!

 正直言うと、オランダに凡ミスから先制点、鮮やかなサイドチェンジから右サイドでフリーになったロッベンに豪快な追加点を叩き込まれた時点で、善戦するけどポコスカ失点して負ける、いつものザックジャパンだと思いかけましたw

 しかし前半終了間際の長谷部→上手なポジショニングでDFとの距離を取った大迫のダイレクトゴール、引いて人数が揃っていたオランダ守備陣の間をピンボールのようにパスを繋いでからの本田の同点ゴールで0-2のビハインドを跳ね返すとは! あの2点目は、オランダのサッカー関係者やメディアにショックを与えたんじゃないですかねw

 欲を言えば、オランダを倒すチャンスは滅多にないので、勝利の記録を残したかったですね。内容で押していたこの試合なら出来たはずなんですけどねー。\(^o^)/

 さて、この試合、ボランチはお馴染みの遠藤・長谷部ペアではなく、山口蛍と長谷部の組み合わせでスタートしました。強力なオランダ攻撃陣を前に、ザックがついに中盤の軽い守備にメスを入れてきたのです。

 日本はW杯に出るまでは、引いて守ってカウンターするアジアのチーム用にポゼッションしながら崩す攻撃重視のチームを作り、W杯本番では格上用に守備重視のチームという、まったく違う戦い方をする二つのチームを作る必要があります。そろそろザックも本番を見据え、守れるボランチを入れる現実的な戦いの準備を始めたとみましょう。

 そして今日の山口は守備範囲は広いわファウルしないでボール奪取するわ運動量落ちないわで、いきなり答えを出してくれちゃったわけです。後半は遠藤とペアを組みましたが、役割が整理されていたのと遠藤へのプレスが緩かったこともあり、遠藤がピッチで好き放題パスを散らせ、オランダを押し込みまくる展開となりました。
 これで、前回のW杯みたいにアンカーを入れてどん引きする必要が無くなったので、ザックジャパンの強みである前線の1トップ+香川・本田・岡崎の4人の攻撃陣をいじらなくても済みます。

 ついでと言ってはあれですが、この試合で大迫が1トップの候補に急浮上したので、流動的だったFWに柱ができそうな感じです。今まで1トップはニアサイドに入っていける前田を長いこと不調でも重宝せざるを得なかったわけですが、大迫のプレースタイルは前田を互換できるので、前田さんにはジュビロの復興のほうをメインにしていただければと思います。
 マリサポとしては大迫と対戦すると大変危険だったので、これを機に速やかに海外へ羽ばたいていって欲しいものです。

 オランダ戦の寸評おまけですが、岡崎がサイドのスペースをドリブルで深く突いたことがオランダの守備陣の疲労を早めたのかなと思うと、岡崎のすべりまくり&決定機を外したことはチャラにできる気がいたしますw

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天