地名に刻まれた土地の記憶

 諸君、私はブラタモリが好きだ。諸君、私はブラタモリが大好きだ。地形が好きだ。地名が好きだ。遺跡が好きだ。痕跡が好きだ。久保田祐佳が(ry

 古地図を手にして歴史や地形の痕跡を辿る番組のブラタモリ。第2シリーズ最終回は渋谷でしたが、渋谷はその名前の通り、渋谷川が作った谷に出来た街であることが確認できました。どんなに開発が進んでも、地名には地形や歴史の痕跡が残っているものです。

 さて、311の大津波は、高台と平地で被害が大きく分かれました。ネットをさ迷っていたら、その被害状況を対比させる、現地の方が撮影した動画を見つけました。高台の名前は「汐見台」。動画では、ほんのちょっとした高さの台地の上に建つ住宅街が無傷なのに、台地の下は津波被害にあわれている、という状況が見れて衝撃を受けました。




 なお、グーグルマップで見るとこのあたりになるようです。上空からの衛星写真でも、くっきりと被害が分かれています。


大きな地図で見る

 汐見台の名前は伊達じゃなかった。。資料性の高そうな動画をUPして下さった方に感謝。。。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天