前代表の資産を上手に受け継ぎブレークスルーを果たしたザックJAPAN



 何度見ても胸が熱くなるな!(*゚∀゚)=3ハァハァ

 今までの日本代表は、控え主体や観光のおまけに来た強豪国チームにフルボッコされてきたのだが、コンディションが悪かったとは言えアルゼンチンに勝ってしまうとは。。しかも、今回のアルゼンチンはメッシ、テベスにイグアインなど、一流どころの選手が出場しているのだ。いつか来るとは思っていたが、こんなに早くその時が来るとは(´;ω;`) W杯16強はフロックではなく、もはや調整不足の状態で簡単に日本に勝てる時代は終わったのだ。

 さて、試合を思い返すと内容も大変良かった。走り負けない当たり負けない集中力切らさないで90分渡り合えているのだ。W杯で培ったブロックを作る守備をベースに、中盤のポジショニングは少し高めにしていたのだが、この中盤から前の選手のポジショニングが整理されていてプレスが効果的に効き、アルゼンチンの中盤を自由にさせなかったのだ。この効率的なプレスは、終盤まで走力が落ちず、疲れから来る集中力の欠如も防ぐという、合理的な結果をもたらしている。

 そして、高めの中盤は攻撃時に前に進出しやすく、サイドの選手が攻めあがったときに、こぼれてきたボールを次々と手中に収めて攻撃に厚みを増した。それは得点シーンの長谷部のポジションや、前半8分ころの岡崎のシュートの時、ペナルティエリアに4人入って内田のセンタリングを待ち構えていたことにもあらわれている。ザック監督によって、岡田JAPANのブロック守備に勇気をもって縦に向かう意識が植えつけられたのだ。これはW杯時に各国識者から指摘された課題だったのだが、早速手が入ったのを見ると、代表の受け渡しも上手くいったようだ。

 この試合が終わった今、名前負けしたり、どことなくおどおどして自信が無かった代表の時代は終焉を迎えたと言える。善戦しての引き分けではなく、「勝つ」という結果が日本サッカー界にもたらす自信は大きいのだ。代表の強化にショートカットは無く、地道に実力を伸ばしていくだけなのだが、それにしても、2010年の日本代表はブレークスルーを果たしたように思える。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天