2010年9月の目線

 んー、SQを前にして円が84円を割り込むとは。ただ、日本株のパフォーマンスは円高に対してだんだん不感症になってるような。。。

 各企業で円高対策が進んでいるのもありまつが、単にダウナスが崩れないから、というのが大きいでしょうな。アメリカでは経済指標の予想を悲観的にして、思ったより悪くなかったと言ってごまかしているのだがw それと、中間選挙の秋は崩れないというアノマリーが下支えしているのかもしれんねw まあ、アメリカの企業決算はそこそこだったし、キャッシュも持っているので売り込みにくいのはあるかも。

 そんなこんなで8800~9300のBOX圏を今月も出ない雰囲気が漂っております。ということで、戻り売り&押し目買いを細かくおこなってポジに長居をしないのが今月の方針ですかね。

 ただ、押した時には優待・配当取りのポジの仕込み場でもあるので、選択の準備は整えておきたいっすな。どちらかというと、優待を出す会社の株価パフォーマンスが良さそうな気がするので、内需の小型株のチェックを忘れないようにしたいと思いまつ。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天