スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンパが小沢氏に近づくほどスイングバイ航法で遠くへ行ってそうな気が

民主代表選 小沢氏、勝っても負けてもいばらの道…深刻な亀裂避けられず
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100821/stt1008212247007-n1.htm

 小沢氏また代表選に出てくるのか…。選挙に自信の無い民主の中堅・若手からの支持は厚いんだなw

 イメージとして、小沢氏は重力の強い天体のような人に見えるんだよね。一定の距離を保って周りを回っている支持者を離さない、強力な重力を持っている星に。ただ、近づきすぎると、スイングバイ航法のように、重力が作用した分とんでもなく遠くへいってしまうイメージがあるのだ。

 なお、スイングバイ航法とは、天体の重力を使って探査機の進路や速度を変更する航法のこと。イトカワ探査機のはやぶさも、イトカワへ向かう時に地球の重力を利用して加速してる。

 こう思ったのは、記事中にもあるように、かつての盟友が代表選再出馬に否定的だったり、西松事件で起訴された小沢氏の秘書が軽そうに見えるからですな。あれだけの政治家なら、もっと凄みのある重鎮が側近や番頭としているべきじゃね?近づきすぎた人は失望や反発をして遠くへ行ってしまったんじゃね?と思えるわけで。

 果たして、小沢氏の真の姿を見ているのは誰なのでしょー?

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。