スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯の岡田JAPANにトルシエのワーワーサッカーの面影を見る

 オランダ戦は惜しゅうございましたな。同点に出来そうな場面もあったし。交代選手が機能してればあるいは…、と思わせたものの、サッカーはそう簡単に結果がステップアップしないものなのでしょう。こうやって少しずつ前進して、W杯を勝ち抜く経験が各所に積まれていくと思うことにしましょー。

 さて、2試合を見て、ボールの出所にも受け手の選手にも全員でワーワーと泥臭く走り勝ってプレスをかけ続け、対人に強い選手がボールを跳ね返す様は、トルシエJAPANに似ているように感じますた。こういう運動量で上回って相手をぐだぐだサッカーに引きずりこむ、鰯の大群的サッカーが日本の軸に有るのかも知れない。岡ちゃんが攻撃的パスサッカーを土壇場で捨て、逆戻りと言われようと全員守備のサッカーにしたが、すんなり機能しているのは昔とった杵柄を思い起こさせたからでは。後半になると運動量がガクッと落ちるさまも似ているがw 

 見てる分には、局所で数的優位を作って勝負していく守備は誰が見ても選手のがんばってる様が分かりやすく、少し眺めていれば求められている動きも選手も語りやすいので、放送しやすくなったかもしれない。みんなで同じ方向を向いて同じ事をする、と言うのも国民性として受け入れられやすいしw 

 問題があるとすれば、90分間この守備を続けるのは難しいこと、走り回って守備をしているので、ボール奪取後に安心してしまって攻撃への切り替えが遅いこと、攻撃時に疲れ果てていることですかね。このあたりは、松井と大久保のどちらかが、場面によって守備を軽減させる処置が取れれば少しマシになるかと。今は本田がうまいこと点を取ってくれないかな~状態なので、サポートの仕組みが必要でしょうな。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。