谷垣総裁の憂鬱は自民党のみそぎコスト

 ネットを漂流していたら雪斎先生の所でこんな記事が。

 「野党」に耐えられない人々

 野党としての自民党の戦略は、「相手を自滅させる」ということ以外にはない。解散の大権を民主党が握っている以上、民主党は、何が起ころううとも向こう三年間は「与党」であり続けられる。国民の支持ということを度外視すれば、鳩山由紀夫内閣は、あと三年半は続けられる。このことから判断する限りは、政局の主導権は、常に与党の側にある。これは厳然たる現実である。だから、自民党は、その間は、我慢に徹しなければならない。その点では、現在の谷垣総裁、石破政調会長という布陣は、決して悪くない。彼らは、間違いなく、「失点を極限できる」はずだからである。


 この記事自体は鳩山邦夫さんの自民党離党について書かれたものだけど、その中の谷垣総裁・石破政調会長のペアは失点が少ない、という文に惹かれますた。

 確かに、谷垣・石破ペアは失言しない&金問題ナシ&国民の嫌がる事が分かる、の守備力堅めの人たちなわけで。頼りないけれどいつも困ったような顔をしてる谷垣氏の映像は、自民党にお灸をすえたかった層や自民と決別したかった人たちの溜飲を下げる効果がありそうな。これが麻生氏や河野太郎氏のような攻撃型の人が総裁として前面に出ていたら、自民は反省してねーな、とお茶の間の皆さんが斬ってすてたのは想像に難くない。

 つまり、谷垣氏の困難や憂鬱は、自民党再生や政界再編へ向けて禊の役目を果たすので、コストと割り切って苦労してる姿をどんどん晒していきましょー。その間に鳩山邦夫氏のような古い自民党チックな人たちが勝手に出てってくれたら儲けものということで。

 これからの選挙は、いかに古い自民党からの脱却をアピール出きるかがポイントなので、今の自民としては反省してる姿を見せつつ若手や実直な中堅をメディアに売り込み、ベテランは黒子として背後や脇をしっかり固めていけば投票してくれる人も増えるんでね?

 その間、民主党内の国益をちゃんと考えてる議員や、躍進の雰囲気があるみんなの党が、インフレでもないのにデノミを考えちゃうような内閣の暴走をある程度抑えといてくれたら、日本国解体の前に国益を考える2大政党が日本にできるかも知れんね。ま、野に下ったからと言って、あせらない事ですな。
(゚∀゚)y─┛~~

 ていうか、下の記事はマジでぶっ飛んだわw 何考えてんのw
 
 鳩山首相:政権発足後にデノミ検討、藤井財務相辞任で頓挫か-日経

3月19日(ブルームバーグ):鳩山由紀夫首相が昨年9月の政権発足後、デノミネーション(通貨呼称単位の変更)を検討していたと19日付の日本経済新聞朝刊が報じた。周辺によると、首相は、政権交代の象徴として藤井裕久財務相(当時)に頼んでいたものの藤井氏が1月に辞任して「いなくなってしまった」と漏らしたという。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天