キャタピラーの売上高 上方修正

米キャタピラー、2010年の売上高見通しを約600億ドルに引き上げ

 ロイターの記事によると、キャタピラーは2012年まで、年15~20%のペースで増益すると言う事も発表したとか。悲観的なニュースが多い中、このような見通しを躊躇わずに発表できるのは凄い。日本の経営者の皆様も、たまには一つ強気の見通しをお願いしまつ。対春闘で賃金の上げ幅を抑える仕事も終った事ですし。ていうか、ほんとに春闘向けの情報操作がされていたかも知れんね。

 さて、昨日のFRBの流動性対策の記事を見ると、(UPDATE1: 証券貸出の拡充、規模が今後拡大する可能性=FRB幹部

FRBは連銀窓口貸出を通じた流動性供給でMBSを受け入れ担保として認めているが、MBSを担保に財務省証券を貸し出すのは初めて。

という今までやった事の無い対策を打つようになり、市場もそれを好感しました。FRBは前例に囚われずに行動する、というメッセージを好感したのかも…というのは買い豚の妄想かも知れませんが、そろそろラリーを期待したいっすね。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天