高低差ファン歓喜!?日銀の会合後、800円超の値幅が日経平均に発生

2015y12m20d_043646305.jpg

18日の後場は日銀の金融政策の発表を受けて上へ下へのまれに見る乱高下となりました。
一気に500円プラスになったあと、引け値は-366円に。
値幅800円以上という、ブラタモリで特集されそうな高低差の発生です。
13時以降のチャートは、火口から裾野へ溶岩が流れていくような、
自然の摂理に則った動きと言えましょう(断言

ツイッタの投資家リストをみてたら、売りポジを高値で買い戻させられ、かつドテン買いを入れてしまったツイートがぱらぱらとあったようです。一度大きく上昇した時、多くの投資家が「黒田バズーカ来たああああ、追撃買いだあああ」と強気になったぶん、高速ジャンピング土下座の被害が拡大した気がいたします。

さて、噴火の原因…もとい、発表された日銀の金融政策は次のとおりです。

日銀の補完措置:「苦しい台所」や「手詰まり感」を象徴-市場関係者
2015/12/18 19:50 JST(ブルームバーグ)

・政策方針は現状維持

補完措置として
・長期国債買い入れの平均残存期間を拡大
・指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ枠を年間3000億円新設
・不動産投資信託(J-REIT)の買い入れ限度枠の拡大



しかし、これの中身が分析されると、下記の記事のとおり「緩和策の拡大ではなく、資産購入の技術的な調整にすぎないとの見方が浸透」し、祭りは急速に萎みました。

日銀政策に東京市場は右往左往、「中身大したことない」と円高・株安に
2015/12/18 18:19 JST(ブルームバーグ)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジストは、「新たなETFの買い入れ枠設定」というのが、非常に誤解を生む文言だったと説明。実際は、「2016年4月からの保有株式の売却開始に伴う影響を打ち消す観点からの新たな枠の設定なので、量的緩和自体のトータルの量自体は変わらない」とし、「中身を変えるだけで全体の枠は変わらないということが理解されるにつれて、急速にドル安・円高に転じる格好となった」と言う。



かつて銀行から買い入れていた株式の売却をするけどETFで引き取るよという仕組みは、いよいよ出口戦略の話が始まった、アベノミクス祭りの終盤が近づいた、と連想される可能性があります。

したがって来年は外国人資金が抜けていくのかどうかを注視して、高値掴みしたまま取り残されてしまわないよう気をつけてまいりましょう。

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天