スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタミが復配と使いやすくなった株主優待券の発表で株価急浮上

長いこと報われなかったワタミの株主。

チャートを見ると、ここ4年は下げっぱなし。
目にするニュースはブラックバイトだったり赤字拡大だったりで
長期保有は罰ゲームの様相を呈しておりました。

2015y11m25d_041416716.jpg


しかし、そんな株主へ、久々に会社からプレゼントIRが届いたのです。

配当予想の修正(復配)及び株主優待制度の変更に関するお知らせ(PDF)

内容は、
・無配→1株あたり期末10円の復配
・優待券は一人あたり1回2枚までの利用→利用枚数制限なし
・優待券のランチタイム利用可に
・宅食事業でも優待券の利用制限なしに


なお、枚数制限がなくなったので送付される優待券は半減。
介護事業から撤退したことで介護事業の優待はなくなりました。

変更後は、
100株保有の株主は半期ごとに3000円分の優待券が、
300株保有の株主は半期ごとに6000円分と保有株にあわせて送付されます。

11月24日の終値は906円。
100株保有なら、年間の配当1000円、優待6000円分は魅力的です。

このお昼に出た発表を受けて、午後の株価は大きく跳ね上がりました。

2015y11m25d_041436622.jpg


優待の使い勝手がよくなったので、さっそく購入したいところですが、
ワタミの本業はいまだ立て直し中であること、
復配は介護事業の売却益をあてているので持続性に疑問があることはリスクです。

本業の動向しだいでは、優待で株価がつりあがったところで
増資の可能性もあるかもしれません。
ワタミの場合、増資は好材料になるかもですが、
充分注意してご利用くださいまし。


ここ数年のワタミの動向や今後の戦略に興味のある方は、
このニュース記事もあわせてお読みになるとよろしいかと思います。

Business Journal
ワタミ、危機を招いた鳥貴族らとの低価格戦争敗北と、「黒」へ転換による客離れ


それではまた。
 
スポンサーサイト

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。