スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンテックが話題になったきたので、今週のフィンテックニュースをまとめてみた

2015102501


気がついたら日が沈むのがずいぶん早くなってきました。
競馬の実況を聞いていると、9Rあたりで「日が西に傾いてきました」とか言われまして、四季を感じるとともに、まだ2時半なのにすでに一日を無駄に過ごした感にあたたかく包まれたりもいたします。

さて、ニュースをぱらぱらと見ていると、フィンテックという言葉が目立つようになってきました。
フィンテックとは、金融という意味のファイナンス(finance)と技術という意味のテクノロジー(technology)を組み合わせたアメリカ発の造語で、金融でのIT技術の活用を意味します。

しかし、漠然とした概念なので、ニュースを継続的に追いかけてみて、どんな技術やサービスがあるのか、少しずつ浮かび上がらせてみようと思います。
そんなわけで、今週目に付いたフィンテック関連ニュースのリンクを集めてみました。


ハウステンボス、今度は「変な通貨」 指紋で手ぶら決済
2015/10/19 玉置 亮太=日経コンピュータ

指紋認証技術を使い、園内の飲食やお買物の支払いを指をかざすだけで決済できるようにするもの。


フィンテックは巨大銀行を殺すのか? 徹底討論 [Part 1/2]
文=マギー・マッグラス(Forbes)/ 編集=上田裕資 翻訳記事 posted on 2015.10.23, at 03:54 pm

金融業界の規制はたいへん厳しく、シリコンバレーの企業より、従来の銀行のほうが自社のサービスと規制の調整に長けている。一方で、銀行は内向き企業で、顧客のほうを向いていないので、新しいサービスをもったIT企業とパートナーシップすることが成功の鍵となる、という記事。


アングル:英ファンド業界、「フィンテック」導入に尻込み
[ロンドン 19日 ロイター]

金融商品のリスクと報酬を理解しないまま、顧客がアプリを通して気軽に投資して損失を被るなら、不適切な販売をした責任がファンド側に発生するかもしれないという記事。


スタートアップの「種」はどこにある?──英国式イノヴェイション、3つの“現実”解(1)
2015.10.22 THU

ロンドンにある金融スタートアップインキュベータを取材した記事。大手銀行からやってきた人は、書類など煩雑な手続きを変えてみたいという、銀行員として働いて気づいた問題点をわかっているので成功しやすい傾向にあるとのこと。


フィンテックの衝撃(1)人と企業、直接つなぐ 早い安い「100兆円銀行」

2015/10/25付 日本経済新聞 朝刊

中国ではネットで不特定多数から資金をあつめるクラウドファンディングで2000億円も資金を集めた企業がある。


おまけ

Alpacaが100万米ドルを資金調達、画像の深層学習を用いたトレーディング・プラットフォームを開発へ
by Masaru IKEDA on 2015.10.19

このシステムは、過去の為替チャートと現在の為替チャートの類似パターンを画像の深層学習でヒットさせるというもの。

とりあえず、今週はこんなフィンテック関連記事がでてます。

現状では、ネットとお金がからめば何でもフィンテック扱いになりそうな雰囲気が漂ってる気がします。
そういう意味では既存のネット銀行なんてフィンテックそのものですし、メガバンクもインターネットで送金ができるようになっています。
厳しい規制下にある金融業界で、人々の生活が一変するような便利なサービスが現われるかというと難しいでしょう。

ということで、メガバンクのサービスを補完したり、セキュリティを強化したりといった周辺技術をもつIT企業があらわれるのか、という視点で今後の展開を追いかけるのが良いのでしょう。中小IT企業がメガバンと提携できたら時流に乗って大きく化けるかも知れませんので。
スポンサーサイト

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。