ザッケローニ監督お疲れ様&W杯反省会

 いやー、失点覚悟で攻めに人数をかけたとはいえ、最後はコロンビアさんにこてんぱんにやられました/(^o^)\

 ともあれ、日本代表の選手・監督・スタッフ の皆様お疲れさまでした。

 ザッケローニ監督は今まで日本が手に入れたことが無いような欧州の実績を持ちながら、4年間も最先端の現場から離れて指導してくれました。これは日本サッカーに大きな財産になったと思います。初戦のアルゼンチン戦の勝利から始まり、この4年間は華々しい成績で、世界における日本サッカーの地位向上に繋がったと思います。

 思い返せば4年前の初日の練習は守備練習から入りました。代表に選ばれるような選手もこんな練習は始めて、という感想を残していましたが、イタリア人なら幼少時から叩き込まれているような基本的な守備が日本には無いのかも知れません。「日本には守備の文化が無い」とトルシエ監督も以前言ってましたが、長期的な視点で育成の段階から見直せる部分がありそうです。ザッケローニ監督がもし本国で監督の声がかからなかったら、日本サッカー協会がスタッフごと雇い入れて、若年層の指導者向けに全国キャラバンでもして欲しいところです。W杯の結果に責任を感じてる今なら安く買い叩けるはずだm9(・∀・)ビシッ!!

 さて、今大会の戦犯探し(個別のプレーから不発に終わった選手交代、コンディショニング準備や合宿・キャンプ地の設定等々)はあちこちのメディアや掲示板で噴出してるのでおまかせするとして、個人的にはコートジボワール戦でチェックするべき所で詰めに行かず、引いて待つ消極的な姿勢が疑問点として残りました。抜かれる恐怖が勝ったんだと思うんですが、ここまできて弱気の虫が発生するとは残念でした。サッカーは点を取り合うスポーツなので、失点することは珍しいことではありません。もったいないのは、失点に過剰な恐怖心を抱いて、プレーが小さくなる時間が続くことです。次はこのメンタルの強化もよろしくお願いします。

 なお、「自分たちのサッカー」が禁句になるんじゃないかレベルで批判されておりますが、ショートパスで繋ぐという得意の型が一つできたのは良かったのではないですかね。問題はこれ以外のプランを過信によって自分たちで放棄してしまった所にあるわけで。しかし、こういう試行錯誤は、協会、選手、メディア、ファンも含めて、W杯本戦でしか得られない経験なのでしょう。今後は監督がBプランの準備をしようとした時に、選手がAプランだけで勝負したいんだと言って縛りプレーをすることは無くなるでしょうし。

 ちなみにこれはコロンビア対ウルグアイの試合を見ながら書いているのですが、コロンビアのハメス・ロドリゲスはとんでもない選手ですねww 2ゴールもハイレベルですが、守備に詰めて来た相手の機先を制する空間認識の優れたパスや少ないタッチで繋ぐパスにセンスを感じます。まだ22歳。末恐ろしいw

地味なロボット関連銘柄のCDS

 ロボット関連銘柄がぽんぽん打ち上がって花火大会のような昨今ですが、対空火力がしょぼくて空中戦の苦手な駆逐艦のような私でも買えるロボット銘柄を見つけたので、ブログにも書いてみますー。なお、艦これで最初に選んだ艦娘は叢雲です。

<2169>CDS ※12月決算銘柄です。6月中配あります。
 株式会社CDS
 YAHOOファイナンス

 事業内容は、
●技術仕様書のドキュメンテーション
●技術システム開発
●ロボットなどのエンジニアリング

の3つのセグメントが柱です。


 ここ5年の業績と今期予想のグラフです。

2014y06m13d_034715673.jpg


 そして各セグメント毎の業績はこちら。

2014y06m13d_034806497.jpg

 仕様書のドキュメンテーション事業と技術システム開発がメインで、ロボット部門が含まれるエンジニアリング事業はまだ小さいのが見て取れます。

 しかし、エンジニアリング部門は平成25年第四四半期と26年第一四半期で売り上げを大きく伸ばしてきたことがわかりました。平成26年第一四半期の売上高は609百万円(前年同期比71.7%増)、営業利益は160百万円(前年同期比103.0%増)となっています。

2014y06m13d_034856101.jpg


 平成26年12月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

 そして、平成26年第一四半期決算の中で、ロボット事業についての方針が書いてありました。

FA・ロボットシステムを中・長期的な戦略ビジネスとして位置づけ、新たな工場の開設を進めてまいりましたが、平成26年4月に竣工し、操業を開始いたしました。今後は、新工場の本格稼働を推し進め、ロボットエンジニアリングビジネスの確立に向けた業務展開を積極的に進めてまいります。


 ロボットビジネスの新工場のお話です。4月に操業開始とあるので、稼動状況は第二四半期に明らかになりますが、好調なエンジニアリング部門に楽しみな材料が加わりました。

 他の材料としては四季報に、ドキュメンテーション部門の「多言語翻訳子会社に東京五輪特需も」という、それ我々一般人が言ったら妄想だよね…書き込みがありましたので、外国人観光客の増加がテーマになった時にすこーし恩恵があるかも知れません。

 さて、株価は6月に入ってから地味に10%ほど上昇しております。私は今週前半に5%くらい抜いてノーポジ押し目待ちの状態なんですが、6月の中間配当取り相場もあって、ひょっとしたら押し目が無いかもという恐れが少しあります。

 じゃあブログで宣伝しないで密かに買えばいいのに、と思われるのも良く分かりますが、買えずに飛んでってしまった場合にも、この銘柄のことは良く知ってるとドヤ顔をしたい…、そんな小さな何の役にもたたない優位性をアピールしたいという気持ちを燃料にこのブログを書きました。こちらからは以上です。(゚∀゚)アヒャ
 

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天