スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックジャパンは岡田ジャパンのように直前でシステム変更してW杯に臨むべきか

 スアレスとフォルランってば容赦なく点取るのねw

 先日のキリン杯でカウンター番長のウルグアイに2-4とボコボコにされたわけですが、立て続けに失点するさまを見てコンフェデ杯と東アジア杯がフラッシュバックされた方が多いのではないでしょーか。もう連続失点が癖になってるというかw

 ツイッターやとある地下スレッドでも書きましたが、目に付く問題点は

・センターバック吉田のポカ
・守備が効かなくなったボランチ
・ボランチが前へ行くので、DFラインが簡単に1対1の勝負に持ち込まれる
・前に人数をかけてるのに、相手ロングボールの出し手にプレスがかからない

 こうなると過去の成功体験から、「岡田ジャパンは4バックの前にアンカーとして阿部を入れるシステムで本番直前に中央の守備を立て直したじゃまいか、もう一度アレをやろう」という声が大きくなるのは仕方ないでしょう。ただし、岡田ジャパンは前線の人材不足から点が取れず、失点も減らなかったので、いっそ攻撃は捨てて守備重視でという切り替えがしやすかった事情があります。

 しかし今回は成長した香川や岡崎という優秀な攻撃的人材が揃い、連携が深まってきています。ここで4バックの前にアンカーを入れると433システムになり、ザックジャパンのストロングポイントである4231の2列目の香川・本田・岡崎+1トップの並びを崩すことになります。

 また、433にすると前回同様、キープできるFWが乏しいので、0トップとも言える本田の1トップを採用することになるでしょう。このシステムはスピードの無い本田を最前線に置くため、相手DF陣がコンパクトな高めのラインを敷きやすく、押し込まれまくる展開になりやすい。かといって、より走力を求められる3トップのサイドに本田を置いても、疲弊が早くなり良さが消えてしまいます。。。かつて香川トップ下、本田右サイドハーフを試した時にうまく機能しなかったことも思い出すと、本田は中央でボールキープしてこそ輝く選手なんでしょう。

 これらの点から、システム変更をしてまで、ウルグアイのような守備の強豪国からも点を取れる優秀な攻撃陣を崩すのは惜しいと考えます。今回の攻撃陣は、4年前の南アフリカで各国の識者から、日本はもっと縦へ向かう勇気をもてと助言された答えになるからです。

 さて、システムをいじらずに上記の守備の問題点を立て直すには…。

・ポカの多い吉田を控えにおき、CBを今野・栗原・森重・伊野波から選びなおす。
・前へ出るのは良いが、加齢による劣化からか戻ってこられなくなった遠藤をドイツで好調っぽい細貝に。
・細貝にはDFラインの前でフィルターとしての仕事を強く意識してもらう。
・本番では2列目の本田、香川、ワントップに入ったFWにもプレスを求める。

 これに長友が復帰したら、相手のFWの自由は失われるので、失点はかなり減るのではないでしょうか。これで南アフリカから1段進化した日本代表をブラジルで見せれると思うのですが夢見すぎですかね(・_・;
スポンサーサイト

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。