スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地名に刻まれた土地の記憶

 諸君、私はブラタモリが好きだ。諸君、私はブラタモリが大好きだ。地形が好きだ。地名が好きだ。遺跡が好きだ。痕跡が好きだ。久保田祐佳が(ry

 古地図を手にして歴史や地形の痕跡を辿る番組のブラタモリ。第2シリーズ最終回は渋谷でしたが、渋谷はその名前の通り、渋谷川が作った谷に出来た街であることが確認できました。どんなに開発が進んでも、地名には地形や歴史の痕跡が残っているものです。

 さて、311の大津波は、高台と平地で被害が大きく分かれました。ネットをさ迷っていたら、その被害状況を対比させる、現地の方が撮影した動画を見つけました。高台の名前は「汐見台」。動画では、ほんのちょっとした高さの台地の上に建つ住宅街が無傷なのに、台地の下は津波被害にあわれている、という状況が見れて衝撃を受けました。




 なお、グーグルマップで見るとこのあたりになるようです。上空からの衛星写真でも、くっきりと被害が分かれています。


大きな地図で見る

 汐見台の名前は伊達じゃなかった。。資料性の高そうな動画をUPして下さった方に感謝。。。
スポンサーサイト

2011年4月の目線

 震災からの1ヶ月はあっという間でしたなぁ。。。一ヶ月前と比べ、こうも世の中が変わるとあ。。。

 株価を見ると、震災ショックで下げた週明けの月曜、原発やばいで下げた火曜の分を全部取り返したり、原発で下げた分をチャラにした銘柄が結構目に付きますな。ただ、東北には精密部品工場が数多く集まっておりました。被災による出荷遅れや生産量の戻らなかった分が、被害の無かった取引先のメーカの製造ラインも巻き込んでしまうんでしょうな。そんな今季見通しをこれから織り込むわけで、5月半ばまで主力はだらだらと様子見下げでないかな~と見てます。

 もちろん、どこかで業績を織り込んでくること、復興特需が発生すること、原発の見通しが語られ始めたことを踏まえて、海外指数のおこぼれをいただく場面があるかも知れませんが…。ダウナスがそろそろ調整のシーズンでありますし、無理するところでは無いかなと捉えておりまつ。為替の動きも落ち着きませんし。

 将来の日本のグランドデザインをいち早く描ければ、様子見相場が仕込み場に変わるんですがねえ。。まず増税ありきでスタートした復興構想会議のみなさん、景気を冷やさんよう、よろしく頼みますよ(><;

 ということで、日経やや売りたい&日本がダメなら海外が漁夫の利の上海指数でお茶を濁すかなぁと。しかしホンネは、テーマが目まぐるしく変わるものの、復興復旧関連、環境改良、自然エネルギー、節電スマートグリッド、クラウド(分散勤務に備えて)関連小型株チャートを(・д・)ジーッと見て華麗に先回りしたい気持ちでいっぱいであります。ていうか先回りしてるはずなんですがちょっと動きが鈍い気が(^-^;

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。