スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約疲れと気分転換市場

ワンピース4億円!東映の初日興収で最高 2009年12月13日 9時31分 (日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20091213-575373.html

12日公開のアニメ映画「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」の初日興行収入(初日興収)が、東映の初日興収の最高記録を樹立した。同社が過去最高の興収51・1億円を記録した「男たちの大和 YAMATO」(05年)の初日興収1・7億円を大きく上回る4億円を突破。今年7月公開の大ヒット映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の3億3400万円をも上回り、同社宣伝部は「最終興収は予測不可能」と話している。

東映宣伝部によると、同映画の上映館数は、全国188館だが、うち68館の劇場で当日分の座席がこの日の正午時点で全上映回満席になったという。一部では翌日分の前売り券も完売し、緊急で深夜上映を始めた。初日興収は4億円超えで約35万人の動員。ヒットの目安が配給収入から、興収に切り替わった00年以降、同社作品の最高興収は、51・1億円の記録を持つ「男たちの大和 YAMATO」で同映画の初日興収1・7億円だった。しかし、このワンピース最新作は、それを2・35倍更新。さらに前売り券の売り上げは、6日時点で29万6449枚。これも同社史上最高記録だ。


 こないだのマイケルジャクソン「THIS IS IT」も50万人越えの動員をしていたし、この不況下にありながら映画界はなかなか元気っすな。(`・ω・´)

 最近お気に入りの海外ミステリーに、舞台を大恐慌に設定したシリーズがあるのだけど、作中に、町で唯一黒字だったのは映画館、というくだりがあったのだ。きっと、節約疲れを起こしていた人々の心をささやかに気分転換できていたのではないのかな~と。まあ、当時は娯楽施設が乏しかったので、競争相手が少なかったのもあるだろうけど、100年ぶりの大不況下でも映画の威力が健在であったとは。

 なお、上記の小説は書評の書きかけがブログの下書きに存在していたので、いずれご紹介しよかと。今ちょうど読んでいる第4巻を読み終わった時に書く気力があるとよいな。ちなみに作者はジル・チャーチルという、元は歴史小説を書いていた女性作家。登場人物の生活感や、町や時代の雰囲気をどっぷり味あわせてくれるので、大恐慌時の普通の人たちの暮らしを知りたい人にはオススメ。時代考証もきっとだいじょぶ。

 この本には出てこないけれど、大恐慌下では口紅など化粧品の売上が伸びていた気が。新しい口紅や化粧品も気分が盛り上がるしね。つけたこと無いのでよく知らないけどw ITバブル崩壊後の不況時も、口紅の売上が伸びてリップスティックインデックスなる言葉が出ていたし、歴史ってば繰り返すのがお好きなようで。じゃあ、大恐慌脱出は世界大戦にならって戦争しかないねというのは無しでー。

 で、来年の消費動向だけど、日本経済がL字回復だった場合…、ていうかL字なら回復じゃなくて下げ止まっただけだけどw、今年とおんなしようにお金が無いので節約倹約せざるをえないわけで。となると、消費傾向は少々のお金で気分転換できるものがもてはやされる気がす。メディアも安売り特集ばかりしてると動くお金が減って、自分のとこに入ってくる広告費も激減するのが分かったので、大なり小なり明るい話題を探しそうだし。

 そうなると今年同様、気分転換市場において、映画や化粧品は手堅いままで、そこにゲームが食い込んで来るかな~というレース予想を立ててみようかと。ただ、出馬表にない馬が飛び込んでくる可能性は大なので、来年は楽しそうな話題に貪欲な人が、生活や投資も明るくなる年ではないかと思うのであります。

 ってことで、株の方も、今年はデフレの王様ユニクロの年だったけど、来年は違うテーマでいきまっしょい。ユニクロは低価格だけじゃなくてヒートテックの高品質が受けた気がするけど、こないだの早朝セールで、また安さを前面に出してきたのでデフレ銘柄に戻ってしまったしね。安いのはありがたい話ではあるんだけど。
スポンサーサイト

野村さまよりカレンダーをいただく

nomurahdca
 夕方郵便受けを見にいったら、平べったいダンボールが突き出ていたw 集合住宅の無機質なポスト部屋の中で存在感をはなちまくり。しかし、B4相当のダンボールが頭だけとはいえよく入ったなとポストに少し感心。

 いただいたカレンダーは日付のみのシンプルなものながら、日付の枠が大きいので予定を書き込むタイプの人は重宝するかも。CMYKの4色印刷で印刷代もちゃんとかけてます感を演出してるし。

 問題は自分がカレンダーに予定を書き込まない人な事くらいですかね。来年は日付の並びにストーリーやセクシーさを感じるしかなひ…。

モリバコーヒー良いかも(゚∀゚)

ゼンショー、「ウェンディーズ」のハンバーガー事業から撤退(2009/12/10)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091210ATFK1000I10122009.html
ゼンショー、「アートコーヒー」を買収(2009/12/01)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091130AT1D3007030112009.html

 外食大手のゼンショーは30日、コーヒー店「アートコーヒー」などを運営するアートカフェ(東京・港、若林悟社長)の事業を買収すると発表した。コーヒー店全35店と従業員45人を引き継ぐ。買収額は非公表だが、3億円程度とみられる。アートカフェは低価格のコーヒー店チェーンにおされ不振が続いてた。ゼンショーはメニュー改善などで立て直しを図る。


 ゼンショーさんはM&Aが活発ですなあ(゚∀゚)y─┛~~ アートカフェは低価格店におされての不振らしいですが、ゼンショーも原因の一端であろう低価格チェーンのモリバコーヒーを展開してるようなw いずれモリバコーヒー寄りにメニューが統合されてしまうのだろうか。ていうか今の景気だとしてくれた方が嬉しい人は多いかもしんない。

 なんつってもヴェローチェを下回るブレンドコーヒーS150円のインパクトはすごい。コーヒーの味は普通だけどw フードメニューはヴェローチェとおんなしくらい安い。でも、味は安いチェーン店にしては一クラス上の感じ。しかも品数が豊富。レジで迷わない運動を自分の中で展開してるけど、何回か通っても簡単に視線が泳いでしまう。これでは落ち着いてかわゆい店員さんチェックができな(ry

 あえて欲を言えば、ライ麦くるみサンド160円がもう少し量があれば…あとほんのちょっとあれば言うことナシ。ていうかそれ以上食べたきゃ100円のパウンドケーキ等と組み合わせれば良いだけですがw あぁ、このままでは間食を控えめにしたいものの、全メニュー制覇とか目指しそうで危険w 最寄のお店が週末しかうろつかない地域でほんとにヨカタ…

 すっかり回し者となってしまったけど、このクラスのお店に久しぶりに現れたニューカマーなので期待値が大きいのでありますよ。同じ顔ぶれの競争だと飽きるものだしね。

 おまけ情報:ネットをさまよってたら、コーヒーSは店によっては160円らすいというお話も。珍しくWEBサイトがないチェーン店なので、他所様のブログから知りえたのですが。なお、けしてお得じゃない情報をおまけと称するのはどうなのかという突っ込みは大人な心の中にしまうべきもんだよね。(´・∀・`)

 12/14追記)パウンドケーキは120円だった…。でもコーヒーとあわせて270円。やすー

12月の目線

 今週は結局えらい強かった…。1000円も反発とかどんだけ~。
 マーケットには友愛じゃなかった政権と景況感興味なしに見えた日銀が対策を打ってきたのは、ヤンキーが電車でお年寄りに席を譲ったみたいなインパクトを回りに与えたんじゃないかと。

 で、どうやら反転は確認れすな(`・ω・´) 日銀の量的緩和も来たのでしばらくは堅調の雰囲気あり…。この一週間上げすぎたので、目先は円安が利いてもそれほど上には突き抜けないかもしれないけど。輸出セクターは堅調でそうなあ。出遅れの個別がついていけるのかを見つつ、スーパージャンピングキャッチをしない程度に同じバスに乗ることにしますた。

 セクター的には海外ETF○、輸出○、内需△、不動産○…。不動産まで資金が回るかは分からないものの、いちおう量的緩和なので。ていうか上げてくらはい…。(-人-)ナムナム

 やっぱ世の中、株価が上がると明るくなるね( ̄ー ̄)bグッ!

amebloも始めますた

先日ピグを作ったついでにアメブロも作ってしまったのであります。
ここですら満足に更新してないのに何という暴挙っ。

今日になって、向こうはどうでも良い軽い話題中心にして、
ここと使い分けようかなと思い始めますた。

妙に向こうの更新が増えてきましたが、
更新頻度はいずれ収束されるはずw

落穂拾い別館
http://ameblo.jp/ochibohiroi/

日銀もパシる12月

 政府の催促に応える形で日銀がようやく重い腰を上げて金融緩和策を出したのに、夕方のヘッドラインに中途半端だ失望円買いだとか流れててカワイソス…。俺が頼んだのはヤキソバパンじゃなくてデラックスヤキソバパンだって言っただろ!みたいな感じですかね。いちおう5日線も10日線も越えて、反転のきざしが見えたから良しとしようじゃまいか。日米の短期金利にも配慮されてて、円安への微風を送っていることだし。(´・∀・`)

 とあいえ、週が終わってみないことには、反転なのか下げ相場の小リバなのかの判断はできませんな。ドバイちゃんも「おまいら世界経済をつまづかせたくなかったら、俺が12/6までの連休で寝てる間に対応を協議しとけよ」との開き直り状態だし。まだまだ12月は波乱含み。

 ま、今日のところは政府も日銀も、日本一人負けの事態を実は結構気にしていたと言うことがわかって良かったねということで。これでもう少し年末への景気対策、ていうより雇用対策に知恵を絞っていただく方向へ走っていただけると良いのだけれど。

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。