スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノが売れない時代のバカ売れ心理学

モノが売れない時代のバカ売れ心理学 (幻冬舎文庫)モノが売れない時代のバカ売れ心理学 (幻冬舎文庫)
(2003/09)
和田 秀樹

商品詳細を見る

 モノが売れない時代のバカ売れ心理学(和田秀樹著)を読んでみた。2001年11月初版、2003年文庫化なので、少し古い本ではあるが、興味深い箇所があったので紹介したい。

 本書は、「内因性の精神病は二大精神病である統合失調症と躁うつ病しかありません。ですから、私は人の心は統合失調症の方へ向かう流れと躁うつ病の方へ向かう流れという二つの方向性があるのではないか」という仮説を元に、人を「シゾフレ人間」と、「メランコ人間」の二種類に分けて消費者を捉えようとしている。

 シゾフレとはシゾフレニア(統合失調症)、メランコはメランコリー(うつ病)から名づけたそうだ。なお、統合失調症は外部の世界にこだわる病気で、躁うつ病は自分にこだわる病気であり、その世界は正反対と言ってよいほど違うらしい。

 まず、シゾフレ人間だが、このタイプは統合失調症型のパーソナリティを持ち、心の世界の主役が自分ではなく他人(周囲の人)である。そのため、行動の基準になる価値観が周囲の人間、とりわけテレビを中心としたマスコミに影響される。また、人間関係は広く浅くを好みつつ、同調圧力に身を任せ、みんなと同じように行動するため、カリスマ的指導者に惹かれやすい面をもつ。比較的若い世代に多くみられるタイプといえよう。

 一方、メランコ人間は、躁うつ病型のパーソナリティを持ち、心の世界の主役が自分である。周囲の意見に左右されず、他人とは違う自分でいたいと思うタイプである。人間関係は濃密で、相手を深く理解する事を好み、所属する集団や職場に強い帰属意識をもつ。比較的、上の世代に多くみられるタイプといえる。

 この2種類のターゲットに対し、どうアプローチをかけるかが本書のテーマである。シゾフレ人間は、みんなが買っているから私も買う、という行動パターンがあるので、一度ヒットしたものを自信を持って押し通し、二匹目のどじょうを狙うよう勧めている。メランコ人間は、筋の通った理屈を好むので、論理的な根拠を並べ、これが正しいと思わせるよう勧めている。また、情にもろいので、一度信頼関係を築くと裏切りにくい性質をもつと分析している。
 このようなアプローチの成功例としてSMAPやポケモンの戦略を上げたり、消費者の心理状態を分析しつつ、各コンテンツを短くまとめた読みやすいマーケティング本だった。
(評価:星4つ。★★★★☆)

 さて、この本を読んでいる時、アメリカの大統領選のことを思い出した。共和党はマケインで決まり、民主党はヒラリーとオバマの争いが続いている。保守的な考えをもつメランコ人間はマケインを支持しやすいし、スターやカリスマ的指導者に流れやすいシゾフレ人間はヒラリーやオバマを支持しているだろう。興味深いのはシゾフレ人間好みの候補で争っている民主党の指名戦だ。個人的には、シゾフレ人間の中で、さらにグループ分けが出切るのではないだろうかと期待している。特に、インターネットを効果的に使った草の根運動を展開するオバマ陣営の戦略を注視すると、これからの日本の市場を捉える上で役に立つのではないだろうか。
スポンサーサイト

キャタピラーの売上高 上方修正

米キャタピラー、2010年の売上高見通しを約600億ドルに引き上げ

 ロイターの記事によると、キャタピラーは2012年まで、年15~20%のペースで増益すると言う事も発表したとか。悲観的なニュースが多い中、このような見通しを躊躇わずに発表できるのは凄い。日本の経営者の皆様も、たまには一つ強気の見通しをお願いしまつ。対春闘で賃金の上げ幅を抑える仕事も終った事ですし。ていうか、ほんとに春闘向けの情報操作がされていたかも知れんね。

 さて、昨日のFRBの流動性対策の記事を見ると、(UPDATE1: 証券貸出の拡充、規模が今後拡大する可能性=FRB幹部

FRBは連銀窓口貸出を通じた流動性供給でMBSを受け入れ担保として認めているが、MBSを担保に財務省証券を貸し出すのは初めて。

という今までやった事の無い対策を打つようになり、市場もそれを好感しました。FRBは前例に囚われずに行動する、というメッセージを好感したのかも…というのは買い豚の妄想かも知れませんが、そろそろラリーを期待したいっすね。

いよいよどこか破綻するのけ?

FDIC、破綻処理経験のあるOB急募=ワシントン・山本留美子(08/2/28)

 米連邦預金保険公社(FDIC)が金融機関の破綻増に備え、破綻処理を手がけた経験がある公社OBを急募している。全米約90の地域で人手不足となっており、期間1年で最大25人を採用する。応募は28日まで受け付ける。

 FDICが求めているのは金融機関の財務内容の健全性を評価し債権流動化を含めて速やかに破綻処理を進められる人材。頻繁な泊まりがけの出張に耐えられることを条件にしている。破綻する可能性がある銀行の処理方法を検討して提案したり、人材育成に関わったりするという。年俸は最大18万ドル。

 FDICは26日に、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題をうけ「銀行の収益環境が引き続き厳しい」と指摘。不良債権の処理速度が同債権の増加に追いつかず、破綻する銀行もでるとの見通しを示していた。07年末時点で自己資本などに問題がある銀行は前年比26行多い76行で、5年ぶりに前年比でプラスに転じた。

 米国では1980年代の後半から90年代始めにかけての貯蓄金融機関(S&L)危機で1.000を超える金融機関が破綻したが、最近では05年の7月から07年1月まで破綻した銀行はゼロ。破綻処理の経験をもつ人材が少なくなっている。



 日経ヴェリタスのサイトの記事です。なかなか渋いニュースを拾ってくるじゃまいか。始めは投資一直線の記事で埋まるのかと思ったけど、サイトの記事は期待できそうな感じになってきましたよ。

 で、上記の記事ですが…。バーナンキFRB議長が上院で、中小銀行の破綻の可能性に触れた事も合わせて、どこか破綻するのは規定路線になったのかも知れませんね~。採用されると頻繁な泊まりがけの出張が伴うそうですが、年棒は最大18万ドルもくれるっていうので頑張っておくんなさいまし。。高いのか安いのか分からないけど。

 ちなみに日本の産業再生機構のスタッフの年棒って幾らだったんだろうとググッてみたらこんなページがヒット。東京弁護士全友会の2005年9月28日の例会報告のページです。「公判前整理手続と弁護の対応」と題して、産業再生機構に焦点をあわせた集まりだったようです。中盤あたりに、お目当ての記述が。

条件面は初年度年俸1200万円だった。弁護士と非弁護士(都銀や証券会社の職員など)の区別はなく,賃金規定の号級に従い額が決まる。勤務時間は午前9時~午後6時だが,支援決定前は午前0時,3時,4時も。ならすと週70時間くらい。


 プロに対する報酬として、高いのか安いのか人によって評価は分かれそうですw

確定申告に行ってきました

 私は5年前くらいから零細の自営業者というか自由業みたいなものなので、確定申告はかなり慣れておりますが、それでも申告準備を始めると、申告の手引きをみながら税制の難しさにマジに頭痛が発生するのであります。去年と違う箇所があるかも知れないので、ダイヤモンドZAIの確定申告号を買って違いを確認するあたりから、今年は幾ら税金を払うんだろうと胃も痛くなります。

 そんな風に寿命を削りながらの作業でしたが、今年はなんと、微々たる額ですが久しぶりに払いすぎた税金が帰ってくるのです。ひゃっほう。勝ち負けで言うと国に勝った感がっ。(違 税務署に向かう道中も、ギャラが発生してるような気分になり、足取りは軽く距離も短く、どこまでも走れるような気がしてきた…。って、おれミラじゃねーし。

 んで、気がついた去年と異なる点は…
・定率減税の行がなくなっていた事…。( ̄― ̄°)涙がキラリ
・減価償却の計算法が変わっていた事。ですかね~。

 今までの減価償却は、定額法を例に取ると、取得金額×0.9×償却率(資産により異なる)を耐用年数分、年々計上しておりました。最初に0.9をかける所から分かりますが、取得金額の10%は残存価額として償却できなかった訳ですね。
 それが今年から1円になるまで計上できるようになったのです。つまり、会社に燻っていた耐用年数の5年が過ぎたプリンタ等が突然資産として輝きだしたわけです。経理にお勤めの方は面倒でしょうが。
 と言うわけで、気持ち的にも税制的にも償却済みの我が家の5年モノのレーザプリンタが、6年目以降の今期も貴重な減税の戦力としてシーズンを戦う事をご報告申しあげます。

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。