スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝つ投資 負けない投資」は投資の考え方をつくる良書なので読んだほうがいい



メディアに露出することも多くなった億トレーダーの五月さんこと片山さんと、ファンドマネージャーの小松原さんの、個人投資家に向けた本「勝つ投資 負けない投資」を読んでみました。

ネットには読者による「初心者向け」「基本的なことしか書いてない」などの物足りなさそうな声と、「折にふれ何度も読み返すことになる本」などの噛めば噛むほど美味しいスルメのような好意的な声がありました。前者の方は凄腕トレーダーだけが気づいている、自分たちの知らない聖杯のありかが書いてあるか、チャート指標を組み合わせたトレード手法のような技術的なものを求めていたのかも知れません。

私も聖杯ほしいのですが、どうも存在しないっぽいんですよねあれ。ちなみに後半のファンドマネージャー小松原さんのパートには一部テクニック的な手法がかかれています。たしかにここは基本的な部分でしたが良かったですよ後で書きますが。

序文によると、この本は「投資家にとって最も誠実な本をつくりたい」という思いで書かれたそうです。しかし、どんなジャンルであれ、専門家が誠実であろうとすると、物事を簡潔に断定的に語ることはむずかしくなります。ひとつの答えをだすにも資料をあたり、ここまでは言い切れないな、という安全側にラインをひいた話をするからです。とくにマーケットでは、チャートがこの形になったら仕掛けるなどの手法は、状況によって通用しなかったりします。となると、小手先のテクニックな情報より、もう少し長くもつお話が誠実なのでしょう。

いまのネットは検索をすると簡単に質問の答えがみつかるため、情報はすぐに簡単に手に入るものと考える人にとっては、誠実側にたった話はまどろっこしく感じるかも知れません。

しかし、この本を読み終わると、漠然と株を買っていた人にも投資への考え方をつくりあげる手法や軸がひとつ自分のなかにできるでしょう。答えを導く式ができるのです。もうすこし具体的にいうと、片山さんが本書で声を大にする、業績の「変化」、そこからの想像といった部分です。なお、どんな要素に注目してストーリーを組み立てたかの細かいところはネタバレなので本書をみていただきますw

自分の頭で考えるやり方を育てると、市場の変化や新しいビジネスに出会ったときのストーリーを自分でつくれるわけなので、そのつどこの株明日は上がるの?下がるの?と答えを誰かに聞いてまわって、うざがられることは無くなるのではないでしょうかw そして、流れてくる日々のニュースに投資ヒントを見つけることができ、なにより学ぶことが楽しくなると思われます。1600円する本なので、けっして安いとは言いませんが、元をとれる人は多い本だと思います。

P.S. 前半の片山さんパートで充分満足したのですが、いちおう小松原さんパートも軽い気持ちで読んでみたら、基本的なことがプロの視点からわかりやすく書かれとても良いですね。このパートを読みこんで自分のものにできれば、なんでこの株を買ったのか顧客に説明することができそうですw 顧客は自分自身ですが、今まではいいかげんな説明を受けてきましたのでw




 

スポンサーサイト

「お金を浮かす生活術」の特集で雑誌は売れるのか

 本屋の前を通ったら、「お金を浮かす生活術」なる大見出しの雑誌が目に入った。そう、また雑誌の表紙書評なのだが、表紙にはアピールしたいものが全て入っているので、これで判断するのは間違いではなひw

CIRCUS ( サーカス ) 2010年 05月号 [雑誌]CIRCUS ( サーカス ) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/05)
不明

商品詳細を見る


 見てすぐ思ったのは、生活防衛の特集で雑誌が売れる時期はとうに終わってね?ってこと。リーマンショックから1年半も経って、いい加減不況にも慣れてきたご時世、生活防衛の分野は一通り試し終わって巡航運転に入ってる頃だし。しかも、ポイントサイトやネットショップの情報なぞ、それこそネットに幾らでも転がってるわけで。この雑誌の想定読者であろう、20~30代男性会社員で節約を気にしてる層が、ネットで得られそうな情報をお金出して買うかな?

 2月8月決算の小売セクターの業績が出てきたけれど、物は売れてるんだよね。消費者が、すぐ明日の心配をするのを止めて、やや不安が和らいできたのが決算でも確認できている。お金を使わず縮こまったり、安物の代替品を血眼で探す時代は終わったんよ。

 思い返せば、この冬ユニクロのヒートテックがバカ売れしていたが、インナーとして安かったから売れたわけではない。コンビニでは、ちょっとだけ高めのスイーツが売れている。いずれも、同じ店舗内にもっと安い別商品が売られているのに。つまり、お金を出すなら納得いくものが欲しい、という心理状態に変わってきてるのだ。

 だから、これからはお金の有効な使い道を探った方が良いのでは。安く物を買う術より、活きたお金の使い方、感情を満足させるお金の使い方を探すんよ。節約は、もう慣れたので教えてもらう必要は無いんだ。むしろ、表紙左上の「春から始める自転車超入門」の方に興味を引かれますた。この雑誌でこれをメインにしたら売れないかも知れないがw

 まあ、色々注文つけましたが、加藤ローサの表紙はたいへんよろしいと思います。この写真ほしぃw

「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド」を読んで

 ついに初めての勝間本。読んだのは「勝間和代の原点」と帯に大きく印字された「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド」。タイトル長いw

 勝間本を読む前に抱いていたイメージは、

・ライフスタイルのビリーズ・ブートキャンプ
・Yes We Can!

 というものだったけれど、「CHANGE!」を加えたら概ねその通りでございましたw 読み始めたら一直線。ざっと2~3時間で読み通せる量です。前書きにもあるけど、原点と位置づけられているように、他の勝間本はこの本に書かれているものの発展形だそうで。つまり、勝間本エッセンスがてんこ盛りなわけですな。

 で、この本のテーマを大雑把にまとめると…。

・自分の殻に閉じこもってないで、行動を起こすべきじゃね?
・誰かが自分の境遇に気づいて助けてくれる、という依存する考えは止めた方が良くね?

 こんなメッセージが届いたように感じますた。
 色々足りないかも知れんが気にしないよーに(´Д`)y─┛~~

 本の流れは、考え方の方向性を示し、どうすれば変われるかを具体例で説明していくので、イメージが湧かない人でも何とか動けるようになってますな。例えば、学んでスキルを身につけましょうの項なら、TOEICを730点にしましょうという目標の設定の理由、NHKのビジネス英会話やaudiobookを聴きましょうという日々のコツコツ勉強の仕方、英語が出来る女性は出来ない女性より40%収入が高い(男性は18%)という成功のイメージを細かく示していくわけです。

 ま、この具体例には、ちょっと待てやゴルアと言いたくなるのもあったりするが、そこは枝葉の部分。グジグジした自分をチェンジしたい人には良いきっかけになった本かも知れないな、と売れまくり状態を見て思うわけです。実際、読んで損する事はまあ無いでそう。

 なお、この本を読んだ後に浮かんだ歌がこれ。福山雅治かっけー

ただ 雨に打たれ
ただ 虹を待ってたんだ 疑いもせずに
いま僕は行くのさ
イメージの向こう側へ 空の向こうへと
この翼で (虹/福山雅治)


勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
(2008/03/01)
勝間 和代

商品詳細を見る

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。