スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEIマーケットプレミア 五月さん回を聞いて

2017.3.30の五月さんがゲストのマーケットプレミアを聞いて、いくつか印象に残った言葉の感想を。

実際に株を買い始めるのは決算がトリガーになることが多い


超人と言えど、すべて前もって仕込めているわけじゃないのです。
我々にも決算を見てからのチャンスがあるのです。


割安、割高の判断基準について

五月:高いPERの会社って、何かしら理由があって、その時そういうバリエーションを許容しても良いっていう何かしらのストロングポイントがあるから、そうなってるわけですよね。で、その強さっていうのが、持続的に続くものであれば、他の同じようなことを行ってる会社との差ていうのは、時間が経過すればするほど広がっていくわけですよ

アナ:逆に大きくなってしまうんですか。

五月:そうなんですよ。だからシェアが広がっていってしまうわけですよね。そういうこと考えると、ある瞬間のPERがどうかっていうのは、ま、そこまで重要じゃないのかなっていう。グロース投資においてはですね



分析もしないで単純にPERで割高判定するの(・A・)イクナイ!!
高く評価される理由を調べにいきましょー。


判断ミスしたときは忘れるのではなく、きちんと悔しがる

アナ:振り返るって結構なさいますか?去年の相場について

五月:悔しいですからね。
結局、今日上がった下がったじゃなくて、ずーっと新高値に出続けるんですよ。
去年いいと思って判断して結局買わなかった奴が、これまたぁ…、いいと思ってたんだけどなぁとぶつぶつ言いながら毎日画面見てるんですけど。
きちんと悔しがって、いかになくしていくかということですよね



五月さんでもこういうことあるんですね。
わたしも今年の相場でリンク&モチベーションを薄利で手放して、その後ずーっと新高値に出続けるのを毎日見て悔しがってるので他人とは思えません(他人です


2017y04m04d.jpg


あああああああ。
なんで売ってから40%も上がるのおおおおおおお。

きちんと悔しがる、わりときついです。たすけて
 
スポンサーサイト

久々に

久々にこのブログを見たら、
スクロールとアイレップのことを書いた記事で更新が止まってて、
この2つを抱えたままで爆死したブログになってるじゃないですかw

それはそれで信念があって面白いのですが、
今年は含み損が2%行ったらウキーッと癇癪をおこした猿のようにポジを投げてるので
なんとか致命傷は避けつつ暮らしております。

なお、致命傷は避けてますが曖昧な取引でうっかり損失がかさみ、
収益はとんとんと言ったところです。

しかし、まだ我々には年末の小型株祭りが残っている!
米大統領選挙の後は激しいボラも待っているはず!
引き付けてから一斉射撃だ!行くぞ!

「今まで何してたんだ?」人工知能に煽られる時代はこの後すぐ

グーグルが開発した人工知能の「アルファ碁」が、韓国人トップ棋士との5番勝負で勝ち越しを決めました。

とりわけ地元韓国では衝撃の度合いが強く、さまざまな分析記事が出ているようです。

<囲碁:人間vs人工知能>神秘の領域、中央の「厚み」・・・アルファ碁は計算した

キム・ソンニョン九段は「アルファ碁は中央の厚みを計算することができるようだ」と評した。5000年の囲碁の歴史で変わらない不変の法則というのは、隅-辺-中央の順で石を置くという点だ。その順で「眼」を効率的に作ることができるためだ。

特に中央の部分はたいてい感覚だけに依存する上に、隅や辺が整理された後に置かれる一種の共同区域だった。だがアルファ碁は序盤から気兼ねなく中央の部分をしっかりと占めて、いつのまにか後半にはこれを徐々に眼へと脱皮させていった。どこにも使い道のない石はなかった。まるで初めから設計図を描いておいて1つずつパズルを合わせていくようだった。



 中央日報によると、人間界では5000年間定石とされていた、中央は後回しという流儀を無視して序盤から中央に石を置き、最後には伏線をすべて回収して鮮やかに勝つという流れだったようです。






以前、イギリスのパブで創業時のフィッシュ&チップスの味を数十年も守り通しているというお店で食べたら、今まで何してたんだという味だった、というツイートを見たことがあります。
無駄なことをだらだら続けてるの、内部の人間じゃ気づかないもんですからねー。



さて、すでに動いてますが人工知能テーマ銘柄を確認です。

「アルファ碁」が世界トップ級棋士に勝ち越し 人間の「大局観」超える人工知能

ケンブリッジ大学コンピューター研究所のマテヤ・ジャムニック上級講師は「人工知能の開発は、ビッグデータ、ディープラーニング・アルゴリズム、スーパーコンピューティングのおかげで飛躍的に進歩しています」と指摘します。

ディープラーニングとは多層構造のニューラルネットワーク(人間の神経回路を模して作ったネットワーク)によるマシンラーニング(機械学習)のことを言います。



ビッグデータ、ディープラーニング、スーパーコンピュータの3つが人工知能のキーワードのようです。
特にアルファ碁にからんでディープラーニングという言葉がニュースによく出るようになりましたね。

ざっと候補にあがるのは↓の銘柄群です。

人工知能が人間を超える! 「AI バブル相場」始動へ <うわさの株チャンネル>

11日の株式市場ではデータセク <3905> [東証M]、
テクノスJ <3666> 、
モルフォ <3653> [東証M]、
サイオス <3744> [東証2]、
エヌアイデイ <2349> [JQ]、
ロゼッタ <6182> [東証M]、
ジシステム <9758> [JQ]、
サイバダイン <7779> [東証M]、
ロックオン <3690> [東証M]、
ALBERT <3906> [東証M]、
フォーカス <4662> 、
カドカワ <9468> など人工知能分野に経営資源を投入する銘柄群の株価が軒並み動意する格好となった。


どれが中心になるか、じっと|д゚)カンサツしてまいりましょう。


さて、人工知能が人間を超えるのは時間の問題として、その後はどんな世界があるんでしょうか。

人工知能を個人投資家が使えるかは別として、人工知能に素直に乗れば勝つる世界が来るかも?


一般社会では、一緒に仕事すると心地よいなどの、情に左右される部分で発注が残るという、今とあまり変わらない部分もありそうですw


さらに範囲を広げて考えると、人工知能、人類にとって危険な存在になる可能性もでてきます。
もしかして、日本の少子高齢化は、人工知能が「地球にとって人類は害悪…滅ぼさなきゃ!」みたいな使命感に目覚めて実験をしているのかも知れません。

信じる信じないかはあなた次第です( ー`дー´)キリッ
 

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。