スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタミ、業態転換等による売上獲得施策が奏功し黒字化へGO!


ワタミ、4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過 株探ニュース

ワタミ <7522> が8月14日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は5500万円の黒字(前年同期は5億6800万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の6億円の赤字をすでに上回った。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-2.4%→-0.5%に改善した。



全国2千人の(適当)、赤字企業が黒字に変わる瞬間が好きな女子高生投資家のみなさん、ワタミ株式会社が最終黒字を期待させる決算を発表いたしましたよー。


国内外食事業で「業態転換等による売上獲得施策と店舗オペレーションの改善等による収益性改善施策を実施し、黒字化に向けた改善が進んでおります」とセグメント業績に書いてあるとおり、外食事業の赤字が前期比で大幅に圧縮されたのが主な要因です。


また、2017年3月期に60億円の負債を返済したことにより、今後は支払利息が大幅に減少する、という記事も先月ありました。

これに2018年1Qの決算をあわせると、会社予想どおり最終黒字が見えてきたんじゃないでしょうか。

参考:なぜ「ワタミ」は、たった1年で53億円もの現金を失ったのか? 2017.07.18

2016年3月期には18億5千万円もあった支払利息が、2017年3月期には1億8千万円と10分の1以下になった


これだけ変わるのなら、業績に劇的なインパクトを与えるのもわかりますw


さて、「業態転換等による売上獲得施策」と決算に書いてありましたので、以前と比べてどれくらいブランド名が変わったのかを調べてみることにしました。

比較するのは2012年7月と最新2017年7月の展開拠点数情報です。なぜ2012年7月かというと、ブラック企業大賞2012で株式会社ワタミが市民賞を受賞した月(ry

なお、展開拠点数情報はワタミさんのサイトの「株主・投資家情報」→「IRライブラリー」→「近況」で確認できます。



2012年7月度の出店状況


では早速2012年の出店状況を見てみましょう。

2017y08m20d_083927462.jpg


グラフ外側の『和民ブランド』とは、一目でワタミ系列とわかる、『和民』、『坐・和民』、『わたみん家』の3ブランドの合計です。

このころは、『和民』、『坐・和民』が369店、『わたみん家』が218店と、和民ブランドを冠した業態が全体の93%を占め圧倒的です。


その他のブランド』の内訳は、

ゴハン・GOHAN』が10店、
炭旬』が11店、
T.G.I. Friday's』が12店、
和み亭』が5店、
饗の屋』が3店、
仰天酒場・旨い屋』が2店

となっております。
懐かしいお店があったりしたでしょうか?



2017年7月度の出店状況

次に、最新の2017年の出店状況を見てみましょう。

2017y08m20d_084034449.jpg

2012年と比べると157店も減り、全体で473店舗となりました。
壮絶なリストラがあった模様です。

そして、ワタミブランドを冠さない新業態が半数を超えてきました。

大量出店している『ミライザカ』、『鳥メロ』もワタミ系列です。
行ったことがないので、1度お店を見に行きたくなってきます。



やはり、イメージが変わるというのは大きいんでしょうね。

あとは、時折顔をのぞかせるブラックな体質が消えれば、名実ともに生まれ変わったと言えるのでないでしょうか。


一時は社会の敵のような扱いをされたワタミですが、V字回復がなるか、今後の推移を見守りたいと思います。

ワタミ株式会社 公式サイト

株探 ワタミ【7522】
 
スポンサーサイト

かつて販促費をめっちゃ使う宣言して株価爆下げした8005スクロールが販促費の節約でしれっと上方修正していた件

2016y04m24d_235321487.jpg

カタログ通販大手で、子会社の化粧品会社が大ヒット商品をかっとばしたスクロールが平成28年3月期の業績を上方修正したのでメモしておきます。


140120160421463333-001.jpg
売上高は640億円から628億円と予想を下回ったものの、
営業利益は12億円から17.7億円へ47.8%増の上方修正に。
純利益は13億円の予想から23.8億円へと83.3%増の修正です。

修正の理由は販促費の適正化と、
子会社が製造販売する化粧品への旺盛な海外需要によるものです。

画像を張っておきますが、この1個2,160円する豆乳ヨーグルトパックが中国人観光客にウケまくったとか。
化粧品は利幅が大きいので、会社の業績を一変させる力があったわけですね。

moritaya_top01.png



ここ2年のスクロール全体の売上高と
化粧品を扱う通販H&B事業の売上高はこんな比率です。
全体の売上高は横ばいな感じですが、化粧品部門はじわじわと増収です。


2016y04m24d_223202046.jpg



スクロール全体の純利益と通販H&B事業の利益はこんな感じです。


2016y04m24d_230157415.jpg


今年度になってから、黒字体質に。
前年度お荷物だった通販H&Bセグメントは利益の稼ぎ頭になっているようです。


さて、スクロールのサイトにある中期経営計画を見ると、
2015年度は「顧客獲得のための先行投資」の最終年度でした。

それが3Qの決算説明会資料に「積極的な先行投資は一旦収束」との文言が出てきて、
販促費を抑える方向に変わったことが分かります。

今回の上方修正の理由にも、「販促費の適正化」とあるので、
効果が大きく表れてますね。良かった良かった。。。。


だが、、しかし、、、


あんたたち中間決算の時に12.9億円と、通期予想の7億円を大幅にこえる利益を出しときながら、「高い投資効果の見込まれる事業に集中した販売促進活動などの施策を実施する」ために7億の通期予想利益を据え置きにしたよね?

いったい何億円の販促費を使うんだよ…と市場を震撼させて、
505円だった株価が次の日に435円になっちゃったんだからね…

舌の根も乾かぬうちに、販促費を一旦収束したら上方修正しちゃったwwwとか、
しれっと言うのはどうかと思うんよw

あれのせいで長期予定だった株をぶん投げさせられたんだからね…

今年度の見通し発表のときはネガティブサプライズが無いようお願いしますね…
( ゚д゚ )クワッ
 

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。