相場テーマにはならないっぽいけど次世代路面電車(LRT)には夢があるよね

ita_lrt01.jpg


最近わたしは路面電車の魅力に取り付かれております。古い車両も、最新の次世代路面電車(LRT)も、味があったり未来感があったりで、それぞれ魅力的です。美しい路面電車があると、街のイメージはぐっと良くなる気がするんですよね。日本のみならず世界の路面電車に素敵なデザインが多いのは、通常の電車より人に近いところを走るため、特段の配慮を払っているからかも知れません。

そんな世界の街の路面電車と、それを利用している人たちの生活や街中を紹介する、「路面電車で行く 世界各街停車の旅」は Don't miss it!!! です。すべてロケ映像のみで作られた、大人の視聴に耐える良番組です。毎週木曜22:00~22:55にかけてBSフジで放送しているのでぜひ一緒にみましょう。なお、番組公式サイトのリンクを張ろうとしたら、「ビーエスフジのサイトにリンクを張ることを希望される場合には、その旨をメールにてご連絡下さい」というめんどうな記述をみつけたので諦めましたw


日本の路面電車の今後
市街地のなかを走りまわるので、渋滞の原因とされて廃止されてしまう路線もありますが、大量輸送ができ、高齢者が自動車を使わずに移動できるLRTを増やす取り組みは各自治体で進められているようです。



記事を見ると、私の住む横浜市でも構想が進められているようでワクテカが止まりませんw

横浜市はLRTなどの導入を視野に、15年度予算に調査費として3000万円を計上した。山下埠頭で大規模な集客施設などが入った再開発を計画しており、臨海部の回遊性を高める考え。外部に委託して需要予測し、路線案などを決め、20年までの一部事業化を目指している。


日本の路面電車一覧のwikiには、横浜市は「横浜都心臨海部の東神奈川臨海部周辺、横浜駅周辺、みなとみらい21、関内・関外、山下ふ頭周辺を結ぶ計画」、東京の中央区では「銀座から築地、晴海を結ぶ路線を検討。2014年8月には東京都が虎ノ門ヒルズから晴海方面を結ぶBRT案を示した」とあり、東京五輪にむけてひたひたと計画が実行される感が出てきました。

マーケットの反応は?
さて、いちおう株ブログなので、上記の日経記事がネットにUPされた14:00時以降のLRT車両メーカーの値動きをチェックして、マーケットの反応をみてみましょう。

まずは7102日本車輌製造(株)

2015y06m16d_043834750.jpg


んー。ほとんど影響がなっしんですw


次に7122近畿車輛(株)

2015y06m16d_043909185.jpg

あ、これは反応してますw やはり四季報に「海外展開早く、特にLRV(低床式路面電車)で実績多い」と書いてあるぶん選好されてますね。
しかしどうも路面電車ネタは大きく跳ねるようなものではないっぽいので、楽しく眺めるのが一番な気がしますw こちらからは以上ですw
 

総理大臣を目指す人は、知識だけでなく、考えて判断する訓練を

 週に何回か、夕方ヴェローチェでアメリカンをお供に本を読む、というのが私のささやかな楽しみであるのですが、今日読んだ本にこんな事が。

-------
 日本では「有識者、知識人」と「インテリ(インテリジェンス)」をほぼ同じ意味で使っていますが、実は意味がまったく違うのです。英語の「インテリジェンス」には「もの知り」というニュアンスはありません。インテリジェンスの意味とは、「知性あふれる、高度の思考、判断ができる人」です。つまり、

 ・日本のインテリ=知識をたくさん持っている人
 ・日本以外のインテリ=知性をはたらかせる能力のある人

 というずれがあるのです。日本では、知識と知性とを混同して用いているため、または双方を厳密に区別していないため、たとえば社会の指導的立場にある人などが、知性をはたらかせる訓練を充分に受けていない現状があります。学ばなければ「知識」が得られないように、正しく訓練をしなければ「知性」のはたらかせ方も身につきません。
-------

 これを読んだとき、↓の2つのニュースを思い出しました。ヽ(゚∀゚)ノ

首相「僕はすごく原子力に強い」 内閣特別顧問に語る asahi.com 2011年3月16日22時59分

首相は東工大理学部応用物理学科卒の理系。笹森氏は事故への首相の危機感の吐露だとの認識を示しつつ、「(首相は)『自分は今政府の中で一番よく知っている』と思っているのではないか」と述べた。


菅で大丈夫か? 非常事態に暴言、ウソ…外国政府も呆れ顔だ! zakzak 2011.03.17

 与党関係者は「菅首相は先日、東電本社に乗り込んで、担当者を怒鳴りあげたが、あれは日常茶飯事だ」という。

 「思い付きで役人らを呼び付け、怒鳴り上げるため、みんなウンザリしている。心ある役人が菅首相に諫言すると、『お前の言うことなど聞いていない!』と声を張り上げる。仕方なく、事実だけを伝えると、『俺に判断させる気か!』とブチ切れる。みんな『このままでは大変だ…』と思っているが、誰も菅首相の暴走を止められない」


 総理大臣というのは知性をはたらかせて物事を判断する役職そのものですが、

 ・原子力の知識をたくさん持っている
 ・判断したがらない

 という菅首相のニュースを見ると、社会の指導的立場にあるけど判断する訓練をどうやらしてこなかったらしい事がうかがい知れます。順風満帆な平時なら、官僚組織が何でもやってくれるので総理大臣職というパックツアーを楽しめたんでしょうがね~。

 前例に無い事態が起きると、知識だけではどうにもならず、問題の本質を考えて判断する事が求められるのです。船長が迷走中な日本丸の運命やいかに。
(・_・;

シンパが小沢氏に近づくほどスイングバイ航法で遠くへ行ってそうな気が

民主代表選 小沢氏、勝っても負けてもいばらの道…深刻な亀裂避けられず
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100821/stt1008212247007-n1.htm

 小沢氏また代表選に出てくるのか…。選挙に自信の無い民主の中堅・若手からの支持は厚いんだなw

 イメージとして、小沢氏は重力の強い天体のような人に見えるんだよね。一定の距離を保って周りを回っている支持者を離さない、強力な重力を持っている星に。ただ、近づきすぎると、スイングバイ航法のように、重力が作用した分とんでもなく遠くへいってしまうイメージがあるのだ。

 なお、スイングバイ航法とは、天体の重力を使って探査機の進路や速度を変更する航法のこと。イトカワ探査機のはやぶさも、イトカワへ向かう時に地球の重力を利用して加速してる。

 こう思ったのは、記事中にもあるように、かつての盟友が代表選再出馬に否定的だったり、西松事件で起訴された小沢氏の秘書が軽そうに見えるからですな。あれだけの政治家なら、もっと凄みのある重鎮が側近や番頭としているべきじゃね?近づきすぎた人は失望や反発をして遠くへ行ってしまったんじゃね?と思えるわけで。

 果たして、小沢氏の真の姿を見ているのは誰なのでしょー?

twitter

FC2カウンター

最近の記事

楽天